『楽園へのアタナシア ~男の娘メイドと三人の姫君、淫靡なる快楽と倒錯の園~』

『楽園へのアタナシア ~男の娘メイドと三人の姫君、淫靡なる快楽と倒錯の園~』

『楽園へのアタナシア ~男の娘メイドと三人の姫君、
淫靡なる快楽と倒錯の園~』は、2015年にWIN用として、
男の娘ソフトから発売されました。

独特な魅力を持つ男の娘ソフトの、
その中でも代表作ともなりうる作品でしたね。

楽園へのアタナシア dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・『バオト王国近郊、幽閉された城にて――
三人の姫君と男の娘メイドの物語。
狂った楽園への運命は静かに回り始める……』

時代は中世ヨーロッパ。
戦乱の世にあるバオト王国の三人の姫君と一人の青年の物語。
姫君達はとても優秀で美しかったが、
思想や性癖は一般とはかけ離れた異常なものを持ち、
いつも問題ばかり起こしていた。
権力を志向し、サディスティックな性癖の長女アレーティア。
愛のみを信じ、人が人を支配する国すらも否定する次女シオーネ。
この世界を悪と断じ、異常な快楽と芸術を追及する三女エンノイア。
ある日、ついに彼女達は王の逆鱗に触れ僻地の城に幽閉されてしまう。
もう二度と、死ぬまで出る事は出来ない……
幾日が過ぎたある日、占い師を名乗る美しい青年シュレが、
誰も入れる筈のない城の彼女達の前に現れる。
不思議な力を持つ占い師に引き寄せられる様に、
彼女達の運命は回り始める――

<ストーリー>


まずは「起」となる部分。
冒頭からインパクトがありましたね~
長女のアレーティアはドSなキャラであり、王位を狙っています。
そこで、邪魔な兄をレイプしてしまいます。
妹からの仕打ちに、肉体的にも精神的にも崩壊する兄。
残念ながら(?)、兄が登場するのはこのシーンだけなのだけれど、
後に出てくる男の娘のHシーンも含め、
男がやられるシーンが中心になりますので、
そういう意味では本作はM向けゲームと言えるのでしょう。

最初からドS全開の長女に、王女でありつつ王政を否定する次女に、
学問や芸術を追求し異端の考えを持つ三女。
方向性は異なれど、いずれも国にとっては危険な存在でしかありません。
ついに王の逆鱗に触れた彼女たちは、僻地の城に幽閉されます。

ということで、僻地の城内での様子が、「承」の部分となるのでしょう。
この城にいるのは、美しい3人の姉妹と、
負けず劣らず美しい男の娘のシュレだけ。
美しい男の娘と3人の美女による倒錯した愛。
幻想的な雰囲気も醸し出し、この部分は本作のメインとも言えるでしょう。
本作は、全体としてはストーリー重視の作品となるのでしょうが、
よくあるシナリオゲーのように終盤にHシーンが集中ということはなく、
むしろ前半とも言える、この城内でのシーンにHシーンが集中しています。

占い師でもあるシュレに、不吉な未来を予言される3人。
城での生活は長くは続かず、ある日、何者かに襲われます。
そして、ここでの選択により、3人の誰かのルートへと入っていきます。
したがって、個別ルートに入ってからが「転」に相当するといえ、
それまでのHシーン中心の展開から、
一気にシリアスなストーリー重視の展開になっていきます。

ゲーム内にある作者のコメントにもありますが、
本作のテーマは「楽園」と「無」。
3人の各ルートは、一般的なノベルゲーでいうならば、
どれもがバッドエンドに相当するのだと思います。
したがって、誰も決して幸せな結末にはならないのだけれど、
その結末へ至る過程において、3人は程度の差はあれ、
それぞれの「楽園」を見つけ、やがて「無」に帰していくのです。

本作はストーリー重視の作品であるし、
ライターの思い入れも十分に伝わってくる内容でもありますが、
最近のうけやすいシナリオゲーのように、
何でもかんでも全て描写するという作品ではありません。
3人の生き様は描いた、それをどう受け止めるのかは、
プレイしたユーザー次第。
「結」となる部分は、少しユーザーに委ねた展開でもありますので、
その点で少し好き嫌いは分れるのかなと。
個人的な印象としては、今の若いユーザーにうける手法ではないけれど、
一昔前のシナリオゲーを好んでいた人には好かれやすいのかなと思います。

<感想>


その他の部分としては、
グラフィックは差分込みで200枚以上とありますが、
それは差分が多いからであり、一枚絵自体は価格相当分しかありません。
差分が多い方が好きな人なら問題ないですが、
差分込みの量よりも一枚絵の量を基準に考える人だと、
あまり多いとは感じられないでしょう。
私は後者なので、事前情報のわりには少ないなと思ってしまいました。

また、本作には音声がありません。
最後までシナリオにこだわりたかったからのようですし、
本作がストーリー重視作品と割り切れるならば、
それでも問題はないのかもしれません。
ただ、せっかく過激なHシーンが幾つもあるだけに、
これに音声が加われば、更に魅力は増しただろうにと思うわけでして。
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれないけれど、
それでもやっぱり、ちょっと惜しく感じてしまいますね。

<総合>


私自身、男の娘に特別な思い入れがないということもあり、
男の娘ソフトの作品も少ししかプレイしていません。
だからハッキリと断言はできないのだけれど、
少ないプレイ作品の中から感じたことは、
何を作りたいのかがハッキリと伝わってくるということです。
『女装幻想城』のように、独特な世界観の作品があり、
作りたい物・伝えたいものは明確に存在しつつも、
それをテキストで露骨に押し付けるのではなく、
ストーリーやグラフィックを通してプレイヤー自身に感得させるのが、
男の娘ソフトの作品なんだと思います。
そして本作は、その男の娘ソフトの代表作にもなりうる作品であり、
それくらい良くできた作品でした。

まぁ、個人的な趣味でいうならば、
ラストでもう一つ何か欲しかったかなと思いますが、
下手に書いても蛇足と感じる人もいるだろうし、
この辺は好みの問題でもあるのでしょう。

もうひと押し欲しいとか、音声がないとか、幾つかの理由により、
総合では良作としておきますが、
先が気になって一気に読んでしまったくらいで、
とても面白い作品だと思うのですけどね。
・・・何でこんなに無名なんでしょう?
内容が内容だけに、決して万人受けする作品ではないのだろうけれど、
もう少し知名度はあって然るべき作品だと思うし、
次の作品にも期待したくなる作品でした。

ランク:B(良作)

楽園へのアタナシア dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2015」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3019-58dcd1db
| ホームへ戻る |