『ミステリー オブ ユニコーン キャッスル』

『ミステリー オブ ユニコーン キャッスル』

『ミステリー オブ ユニコーン キャッスル』は、
2009年にカジュアルゲームとして発売されました。

オリジナルは2008年に発売された『Mystery of Unicorn Castle』であり、
本作はその日本語移植版になります。

ミステリー オブ ユニコーン キャッスル

<概要>


ごく普通の生活を送っていた主人公・ジェーンに突然届いた一通の手紙。
それはジェーンの祖先が所有するお城の継承に関する手紙だった。
手がかりを求めてからくりいっぱいの城内を探索し、
モリオン家に代々伝わる秘密を暴こう。
次々に姿を消す継承者候補達を救えるのも、あなただけ?

・4 種類のミニゲームも登場
・芸術性あふれるグラフィックも見どころ
・一味違ったアイテム探しゲーム
・遺産相続のスキャンダルの行方はいかに?

<感想>


カジュアルゲーム上のジャンルはアイテム探し(HOG)。

日本語版の発売が2009年で、オリジナル版も2008年と古く、
そのため純粋にアイテム探しとパズルといった感じでしょうか。
近年のHOGはADV要素がかなり強まっており、
HOGと言いつつ実質的にADVと呼べる物もあります。
そのような最近のHOGを念頭に置いていると、
ストーリー性やムービーの点で、
少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

逆に、最近のADV要素が煩わしいような人、
純粋に「アイテム探し」に没頭したい人には向いているのでしょう。

記事の掲載こそ遅くなりましたが、
個人的にこのジャンルに手を出し始めた初期の頃にプレイしたこともあり、
単純に楽しかったですね。
アイテム探しというと、画面上からアイテムを探し出すのが基本となります。
昔はそれの何が面白いのかと、楽しんでいる人の心境が分かりませんでした。
これを読んでいる人でも、そういう人はいると思います。
しかしアイテム探しは単に画面内に紛れた物を探すだけでなく、
亜種とか応用パターンもいろいろあるのですよ。
言葉でのリストだけでなく、シルエットだったり、一手間加えてみたり。
必要な物を探すのではなく、逆に不要な物を除去してみたり。
似たような方向性の物として、2画面表示して間違い探しをさせたりと。

「アイテム探し」の種類の豊富さという観点からは、
本作はむしろ近年の物よりも豊富かもしれません。
近年はストーリーやグラフィックなど、別の部分に力を入れていますからね。
同じようなことの繰り返しだと途中で飽きてしまうのですが、
これだけ豊富なら飽きずに最後まで楽しめます。

<総合>


個人的にはADV要素のある作品の方が好みということもありますし、
単純なアイテム探しだけというのは、あまり肌には合いません。
世界観やグラフィックに特別な部分があるわけでもないですしね。
でも、初期の頃に本作のような作品に触れたことで、
HOGにもいろいろあるんだなと、可能性がまだまだあるのだなと思い、
興味が持てたとも言えるのでしょう。
そういう意味では、個人的には印象深い作品でもありました。

まぁ現在のHOGは方向性が変わってきていますし、
ADV要素が欲しいって人ならば本作は後回しで良いでしょうけどね。
逆にADV要素があると疲れるよって人、
純粋に様々なタイプのアイテム探しをやりたいよって人には、
こういう少し前の作品がオススメですね。

ランク:B(良作)

関連するタグ WIN /ADV /HOG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3003-60a30dd7
| ホームへ戻る |