Ripper

Ripper

『Ripper』は1996年にWIN用として、
Take2から発売されました。

タイトルからも想像ができるかとは思いますが、
RipperとはJack The Ripperのことで、
つまりは切り裂きジャックのことですね。

尚、日本語版はありませんので、英語版でのプレイとなります。

Ripper01.jpg

<ストーリー>


切り裂きジャックって、昔は結構名前を見かけたのですが、
最近はあまりこの名を聞く機会がないように思います。
もしかしたら知らない人も増えてきてるのかな?
まぁ、日本だとブームが過ぎてしまうとそんなものなのかもですね。

さて、最近は一時より影が薄くなったとはいえ、
設定的にインパクトはありますからね。
題材として使いたくもなるのでしょう。
部分的に用いられたゲームも幾つかありますが、
中には正面から扱った作品も当然あるわけで、
本作もその中の1本になります。
Take2は後に『Black Dahlia』でブラックダリア事件も扱っていますし、
そういうのが得意なところなのでしょう。

具体的な中身を見てみますと、本作の舞台は西暦2040年という近未来で、
そこにRipperと名乗る切り裂きジャックもどきが現れ、
事件が発生するわけです。
なので、物語のジャンル的には推理物とかサイコスリラーとか、
そういう類になりますね。

<ゲームデザイン>


ゲームのジャンル的には、
当時ならインタラクティブムービーとなるのでしょうか。
今ならFMV(Full Motion Video)という言い方になるでしょうね。
まぁ、見方を変えれば、
実写ムービーを多用したP&C式ADVになるのでしょうけど。

<グラフィック>


ripper02.jpg

FMVということで、メインは映像と音声になります。
ここは非常にレベルが高かったですね。
プレイ前は映像面の期待が大きかったのですが、
むしろ音楽面が非常に良かったように感じました。

私は洋画には疎いのでよくわかりませんが、
役者としてはクリストファー・ウォーケンとかも出ていますので、
洋画に詳しい人なら馴染みの人もいるかもしれませんね。

<総合>


演出面全般は文句なしでしたし、
ストーリーや謎解きも楽しめました。
CD6枚組みの大容量でボリューム面も満足できた作品でしたね。

ランク:AA-(名作)

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「海外ADV」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/30-214a27ef
| ホームへ戻る |