『天ツ風 ~傀儡陣風帖~』

『天ツ風 ~傀儡陣風帖~』

『天ツ風 ~傀儡陣風帖~』は2008年にWIN用として、
NineTailから発売されました。

演出の優れたSLGでしたね。

天ツ風 dl

<概要>


ゲームジャンルはSLGになります。

あらすじ・・・
泰平を迎えた世で、東間国城主が急死する。
忘れ形見の紗代姫は事の察し、
真相を探るため東間国を狙う隣国「浅賀国」への調査を、
代々仕える忍び『霞谷衆の矢代陣馬』に命じるが、
直後、浅賀の放った忍集団『冥極党』の襲撃により
霞谷の里は壊滅してしまう……。
生き残った仲間を集め、
強大な敵・浅賀と外法妖術を極めた冥極党を倒すために、
陣馬は、静かに暗闘を始めるのだった

<感想>


そういや最近はナインテイルブランドからの発売がないなと思いますが、
本作はナインテイルとしては2作目になります。

忍者活劇SLGということでゲーム性の高めな作品なのですが、
まず挙げるべき特徴としては演出の良さがあるのでしょう。
ストーリーの関係上、随所にバトルがあり、
その演出が発売時には最高レベルの水準を有していたのです。

ノベルゲーではゲーム性が低い代わりに、演出に力を入れる物も多いです。
他方でSLGでは、ノベルゲーよりゲーム性が高いものの、
その代わりにストーリー進行パートの演出はオマケ程度で、
ノベルゲーより格段に劣る物も多いです。
ゲーム性があって演出も秀でていれば最高なんだけれど、
どうしても力を入れる部分に限りが生じてしまうのでしょう。
だからジャンルによって長所短所が生まれてしまうと。

そのような現状に鑑みると、SLGでありつつも、
バトルもののノベルゲーより演出の秀でて本作というのは、
本当に凄いのだなと思ってしまいます。
今現在としては少し古い作品となってしまうかもしれませんが、
最近増えているゲーム性重視の同人ゲーよりは余程クオリティが高く、
今プレイしても何ら遜色がないのでしょう。
適度なゲーム性がありつつ、それ以外の部分でも、
ノベルゲーに劣らない作品を求めているのであれば、
本作は楽しめる確率が格段に増すと思います。

ただ、本作の場合は他の部分で少し問題もありまして。
本作は非常にボリュームの多い作品です。
それだけ聞くと、遊べて、演出も良くて、ボリュームもあるって、
何それ最高じゃねって思いそうなんだけれど、
それがなかなか上手くいかないのですよ。

じゃんけんを応用したバトルは最初は楽しめるものの、
長くプレイしていると単調に感じ飽きてきます。
ストーリーも単純で同じ様なことの繰返しなので、
長くプレイしているとだれてくるのです。
ロープライス作品とかでコンパクトに短時間楽しませるのであれば、
こういうシナリオやシステムでも良かったのでしょうが、
短時間向けの内容で大ボリュームの作品にしてしまったものだから、
飽きてしまうのでしょう。

あと、これは比較の話でしかないのだけれど、
本作は忍者を題材にした物語です。
これはこれで決して多いとは言えないのでしょう。
しかし時々扱われるジャンルでもありますし、
エロゲ特有のジャンルとも言えないのでしょう。
その点、1作目の『機械仕掛けのイヴ 』は、
題材的にエロを前提とした内容になっていたわけでして。
ストーリーの良し悪しは別として、
よりエロゲらしい、かつ新鮮さを感じられるかという観点からは、
本作は1作目よりもインパクトが薄れてしまいます。

<総合>


現在、商業のフルプライスで遊べるSLGやRPGは少なく、
その中でこの手の王道テンプレ路線たる中世欧風ファンタジ―ものを除くと、
更にはいつの時代も作り続けるアリスソフトの作品も除くと、
本当に少なくなってしまいます。
それだけに、本作のような存在は、
存在自体がありがたいとも言えるのでしょう。

長所だけを見れば名作級の内容を有しているのですが、
だからこそボリュームに伴い感じてくる単調さが、
少し残念でもありました。

単調さが響いたことから、個人的には一応の良作としておきます。
もっとも、繰返しになりますが、商業のフルプライスで、
ゲーム性があって非中世欧風ファンタジーで、
演出も秀でた近年のエロゲって珍しいですからね。
これ、はまる人ははまるだろうなと思いますし、
交流していたエロゲに非常に詳しい人も大絶賛していた作品なので、
上記のような作品を求めているのであれば、
ぜひプレイしてみてもらいたい作品ですね。

ランク:B-(良作)



DL版
天ツ風 dl

関連するタグ WIN /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2008」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2999-7e014f61
| ホームへ戻る |