『ベロンチョ身体検査』

『ベロンチョ身体検査』

『ベロンチョ身体検査』は1990年にPC88用として、
ハードから発売されました。

さっぽろももこさんの初期の代表作でもあり、
それ以上に名前のインパクトが強い作品でしたね。

beroncho01.jpg

<概要>


詳細は後述しますが、一応ゲームジャンルはRPGになります。

本作は正式には「ベロンチョシリーズ」の第一弾であり、
『ベロンチョ身体検査1 女子高校編』というタイトルだったかと。
もっとも、結局は続編が発売されていませんので、
『ベロンチョ身体検査』と言えば普通は本作のことを指します。

大雑把なあらすじとしては、
主人公は全寮制女子高校のベロンチョ学園に転校してきた本郷奈奈子。
夜ごとに行われる卑劣な身体検査の噂を聞き、
犯人を捕まえるべく乗り出すことになります。

<感想>


本作は学校の敷地内を移動し、
途中で出てくる不良らと戦闘をしながら進行することになります。
戦闘に関してはHPは歩いていれば回復しますし、
あまり本格的なものでもありません。
なのでゲームジャンルもコマンド戦闘のあるADVとも言えるでしょうが、
難易度その他を踏まえるとRPG扱いで良いのかもしれませんね。
少なくともADV好きよりはRPG好きの方が楽しめると思います。
尚、ゲームの難易度としてはアイテム所持制限などの影響もあり、
かなり高めになっております。

ところで、アダルトゲームにおけるRPGという点に注目した場合、
今はRPGの数は非常に少ないし、80年代も少なかったのですが、
90年と91年は数が多かったです。
もしアダルトゲームの年間の発売数に占めるRPGの割合で考えるならば、
90年と91年が最高になりますしね。
もっとも90年と91年とでは、少し方向性が異なってきます。
私の把握している限りだと、
90年は中世ヨーロッパ風のファンタジーものが多かったです。
それが91年になると、中世ヨーロッパ風のファンタジー以外のもの、
例えば現代の学園を舞台にしたような作品が増えてくるのです。

この辺はね、時代背景を理解していないと、
あまりピンとこないかもしれません。
RPGというジャンル自体は80年代から大人気でしたが、
魔王を倒せとか世界を救えとか、そんな内容のものばかりでした。
当然、世界観は中世ヨーロッパ風のファンタジーばかりですね。
そういう枠というか、しがらみから抜け出て、
世界を救う目的でも英雄でもない物語が登場したのが、
『白き魔女』(1994)でした。
RPGは数あれど、一般ゲーで物語的な多様性が生まれるのは、
実際には90年代半ば以降でしかないのです。
またファンタジーはファンタジーでも、
堅い本格的なものではなく、コメディ要素の混じった画期的な存在として、
つまり現在のラノベの原型を作る存在として登場したのが、
『スレイヤーズ』だったのですが、その単行本の1巻は90年発売になります。
本作の発売された90年というのはそういう時代でしたから、
馬鹿げた内容の現代を舞台にしたRPGなんてのは、
存在するだけでも意義と価値があると言えるのでしょう。

余談ですが、先程、現在のエロゲはRPGが少ないと書きました。
それは商業での話であり、同人市場では空前のRPGブームとなっています。
そこではファンタジーものだけに限らず、
様々なジャンルのものがあり、
むしろ何でこんなのまでと思うようなものも、
何でもかんでもRPG化されている傾向すらあります。
でも、こういう何でもかんでもRPGにしてしまえという発想は、
実のところ昔からのエロゲらしいところでもあるわけで、
現在の同人市場を見ていると、
個人的には91年頃のエロゲ市場と重なって見えてきます。

というわけで、91年頃ならばファンタジー以外のRPGは、
少なくともエロゲに関しては珍しくなく、貴重性も損なわれます。
しかし90年の段階では、まだ珍しかったわけで、
アドバンテージにはなったと言えるでしょうね。

ゲーム性という観点からは他にも、
本作にはオマケでスゴロクゲームも付いていて、
意外とこれも本格的で楽しかったです。

本作は目パチがあるなど、グラフィックでも凝っていましたが、
個人的にはキャラが印象的でした。
何か妙に印象に残っているのが、「あんぱんのらりこ」ですね。
いかにも80年代の田舎の不良みたいな恰好なんだけれど、
そんなところがまた可愛く見えて。
こんな時期にあんぱんのらりこと名付けるネーミングセンスも良かったです。

<総合>


本作は、さっぽろももこさんが企画・原画・音楽などを担当したはずです。
それで今でも業界で活躍しているのですから、凄いですよね。

今となっては、さっぽろももこさんの初期の代表作という印象になりますが、
当時としては時代の先端を行った作品ともいえるわけで、
味わいのある作品でしたね。

ランク:B-(良作)

ベロンチョ身体検査

関連するタグ PC88 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2978-c219586a
| ホームへ戻る |