『ワイルドガンマン』

『ワイルドガンマン』

『ワイルドガンマン』は1984年にファミコン用として、
任天堂から発売されました。

光線銃シリーズの第一弾になります。

ワイルドガンマン

<概要>


いわゆる「光線銃シリーズ」というのがありまして、
『ワイルドガンマン』『ダックハント』『ボーガンズアレイ』の
3本が発売されたようです。

普通のゲームはコントローラーを用いてプレイするのですが、
このシリーズは専用の光線銃型コントローラ「ガン」を用いて遊びます。

本作は光線銃シリーズの最初の作品であり、
光線銃型コントローラ「ガン」と同時に発売されると共に、
同梱版も発売されました。

<感想>


今でいうFPSの先駆けのようなものですね。
FPSとしてはファミコン初だろうなと思っていたけれど、
そもそも、もっと広くシューティングゲームと捉えても、
ファミコン初になるんですかね。

専用の道具を用いるゲームは、
ハードを出すメーカーだからこそとも言えますが、
昔から任天堂は好きですよね、こういうの。
まぁ、本気で面白いゲームを作ろうと考えるのであれば、
汎用の道具ではなく、作品専用の道具が欲しくなるというのは、
ごくごく自然なことだと思います。
ゲームデザインという観点からは、
本来はとっても素晴らしいことなのでしょう。

ただ、こういう道具って場所を取って邪魔になりますからね。
自分は、それでどうしても躊躇してしまいました。
他方で、友人がこういう特殊道具を使うようなゲームが大好きで、
出れば必ず買うようなタイプでしたので、
専ら友人の家で遊ぶか、後で借りてくるとか、
そんな遊び方が中心でしたね。

今の複雑なFPSとは異なり、
本作の頃は本当に単純な撃つだけのゲームなので、
どうしても次第に飽きてきてしまいます。
だからシリーズ3作品ある中では、
発売された順にプレイ時間が短くなっていきますし。

あぁ~でも、どうかな。
オッサンより動物の方が好きってことで、
主観的には『ダックハント』が一番好きだったし、
プレイ時間も本作と同様程度にはあったかも。

主観的に一本選べと言われれば『ダックハント』となるのだけれど、
ゲームとしての意義や練り込みなんかで考えると、
やっぱり本作が大事になってくるのでしょうね。

ワイルドガンマン

関連するタグ ファミコン /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2972-d57714cc
| ホームへ戻る |