小夜子

小夜子

『小夜子』は2011年にWIN用として、
BLACK CYCから発売されました。

ブサイクの看板作品である闇の声シリーズ。
本作はそのスピンオフですね。

ジャンル:ノベル系ADV
小夜子

さて、スピンオフということで、
「闇の声」シリーズに出てくる小夜子様が主人公となるのですが、
本編も実質的な主人公は小夜子様と言えますので、
あんまり違いがないと言えばないような気もしますね。

もっとも、システムは大幅に簡略化されています。
「闇の声」はキャラとキャラを掛け合わせることで展開が進むのですが、
本作は場所選択を伴いつつも普通のノベル系のADVになりました。
しかも、実質的に1本道です。
従来のシステムが好きな人は、今回はちょっと物足りないでしょうね。

ストーリーは少子化対策ということですが、ほとんどHばっかりですね。
ただ、これまでの小夜子様は妖艶でミステリアスなキャラだったのですが、
今回は普通のオバサンっぽい一面を出しています。
ここは今までのキャラと違うよって抵抗を感じる人もいるでしょうし、
違った側面が見れて良いじゃないかって意見もあるでしょう。
私も最初は違和感があったのですが、
小夜子様の新たな側面も垣間見たと思えばお得な気にもなれますし、
お戯れって感じで番外編ならこれはこれでありなのかなと。

小夜子様も丸くなりましたが、Hシーンも丸くなったわけで、
アブノーマルなのはなかったですね。
エログロのブサイクとは思えない内容で、
アブノーマルなHとエログロを期待した人は物足りないでしょう。
もっとも方向性が変わって普通のエロさになっただけなので、
決して薄くなったわけでもありません。
本編に多かったようなぶつ切れ感もなくなりましたし、
たぶん普通の性癖の人には歓迎されるのではないでしょうか。

あぁ~でも、婆さんの裸が出てきたときは、
何のブラクラかと思いましたよw
下手なグロ画像よりよっぽど心臓に悪いです。
まぁ、すぐに美女に若返りますので、問題はないですけどね。
いや、なくはないか…元の姿を知ってるとさすがに萎えるかも。
でも、爺さんと婆さんのそのままの姿でやっていいたら、
ある意味伝説になれたかもしれません。
そのなると間違いなく叩かれただろうけれど、
ブサイクらしくはあったのかも。

総合的には、難しいですね。
基本的にキャラデザは大好きだし、
小夜子様の妖艶な大人のボディでのHシーンがありますので、
これだけでも一応は満足できたとは言えるわけでして。
なので、甘いかもしれませんがギリギリ佳作とはしておきます。
従来のシリーズのファンで、小夜子様が大好きな人で、
かつ価格の安さを考慮できるならば、
おそらくそれなりに満足できるかと思います。
でも、逆にシリーズ未経験で小夜子様って誰?って人には、
全くオススメしません。
ストーリーは大したことないし、価格のわりにボリュームもないので、
思い入れのない人には楽しめないと思いますから。
あくまでも小夜子様分に飢えているファン向けの作品と考えるのが、
一番良いのではないでしょうか。

ランク:C-(佳作)

小夜子

DL版はDMM独占配信のようです。
小夜子

関連するタグ WIN /ノベル系 /ADV /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |