2015年 総括その2

2015年 総括その2

2015年の総括その2ということで、
同年に発売されたADVの部門賞を先に紹介したいと思います。

尚、まだプレイし損ねた作品もあると思うので、
あくまでも現時点での暫定的なものになります。

<プロット>


ストーリー・プロット部門ということで、
厳密に分けるのも難しいのだけれど、一応その中のプロット部門として、
『吉原彼岸花』。

乙女ゲーとして、様々なタイプの個性的なキャラを用意し、
基本をしっかりと抑えた上で、ストーリー性もあり、
本作ならではの要素もしっかり盛り込んでいるわけでして。
まぁ意外性の点で少し自分の好みとずれる部分はあるけれど、
一つの作品としては文句のない作品と言えるのでしょう。

吉原彼岸花


<ストーリー>


ストーリー・プロット部門ということで、
厳密に分けるのも難しいのだけれど、一応その中のストーリー部門として、
『大正×対称アリス epilogue』。

2015年は何の年だったかと後に振り返った場合、
おそらく私は『大正×対称アリス』の年だったと答えるのでしょう。
それくらい『大正×対称アリス』に始まり、
『大正×対称アリス』に終わった年でした。
単なる模倣に終始しがちな童話を再構成し、
マイナスイメージを持たれやすい分割すらも利点に変え、
ストーリーの面白さという点ではこの年一番の作品でした。

大正×対称アリス epilogue


<キャラ>


シナリオ(テキスト)・キャラ部門の中のキャラ部門ということで、
『大正×対称アリス episode1』。

やっぱり百合花に尽きるでしょう。
非常にインパクトの強いキャラでしたね。
主人公でもあるので、ベスト主人公兼ベストヒロインです。
何ていうのかな、ぶっちゃけ今のノベルゲーってオタク向きだし、
キャラやテキストもオタクっぽいのですよ。
エロゲユーザーとかは、そういう方が親近感が持てるかもだけど、
そういう作品が増えた現状では、もはや評価に値しません。
だからこそ、百合花のリア充っぽいノリは新鮮で強烈で、
余計にも際立ってくるのでしょうね。

大正×対称アリス episode1


<シナリオ・テキスト>


シナリオ(テキスト)・キャラ部門の中の、
シナリオ(テキスト)部門ということで、『犯し屋さんに狙われた』。

どの部門にするか悩んだし、
テキストが特別上手いというわけでもないのだけれど、
特定のキャラというわけでもないし、そうなるとここになるのかなと。
何が起こるか分からないというドキドキ感で、
終始楽しめた作品でした。
まぁ、特別賞として、PC98時代からやっていそうな、
ベテユーザーに最もオススメしたい賞というのでも良かったかもですね。

犯し屋さんに狙われた dl


<おわりに>


狭義のゲーム性など、一部決めきれない部門もありましたが、
概ねこんなところでしょうか。
これが絶対というつもりはないし、自分自身変わる場合もあります。
っていうか、私は結構評価を変える方ですし。
このブログの読者にオススメされて、
いざプレイしてみたら大傑作だったよということで、
大幅に変更した年もありますしね。
なので、あくまでも現時点での一つの参考ということで。

まぁ、本音で言うならば、面白かった作品なんて、
自分の中でおさめとけばそれで構わないのですよ。
それをあえて記事にするというのは、こんだけ書いたんだから、
代わりに何か面白いの教えてねってことでもあるんですよね。
いかに情報収集の負担を減らすかが、今後の最大の課題ですので。

尚、年間トップ10とか来年の展望は次回に。

関連するタグ WIN /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2937-026c6f8a
| ホームへ戻る |