『魔法使いの妹子』

『魔法使いの妹子』

『魔法使いの妹子』は1985年にPC88用として、
帝国ソフトから発売されました。

その時は同人ゲーだったのですが、翌86年には、
FM-7とのハイブリッドとして九十九電機から商業作品として発売されました。

mahothukaideshi.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド入力式ADVになります。

大雑把なあらすじとしては、主人公は魔法使いに弟子入りした女の子。
女の弟子なので、タイトルでも「妹子」と書き、
それを「でし」と呼ばせているわけですね。
従って、タイトルの読み方は、「まほうつかいのでし」となります。

主人公は朝寝坊がしたいという理由で師匠から旅に出され、
偶然立ち寄った村でトロールの退治を依頼されます。
それが解決した後は、
最終的には悪霊本体を見つけることでENDとなります。

<感想>


私自身は同人ゲーに興味を持ったのは大分後のことなので、
あまり当時の同人ゲー市場に関しては分らないのですが、
同人ゲーの中でも本作は、かなり知名度の高い作品のようですね。
疎い私でも早くに名前は知っていたので、それだけ有名だったのでしょう。
ゼロ年代の作品で言うと、『ひぐらしのなく頃に』とか、
その辺をイメージしてもらうと良いのかな・・・

さて、ストーリーは上記のようにファンタジーものでして。
ファンタジーものは、例えばゲーム機や小説なんかだと、
この時期は本格的な真面目な物ばかりという印象なのだけれど、
本作はコメディまじりの、ほんわかした雰囲気になっていまして。
これは本作だけの特徴とまでは言えないものの、
当時のPCゲーに時々見られたような、
PCゲーならではの作風と言えるのかもしれませんね。
そういう意味では、時代性を反映していたと言えるのでしょう。

この雰囲気を作り上げるのに大きく貢献しているのがグラフィックで、
頭身低めの可愛らしいキャラデザになっています。
当時はもちろん、萌えなんて言葉はなかったのだけれど、
今の萌え絵に通ずるような絵なので、
個人的には今でも案外通じるのではと思うのですけどね。
グラフィックの描画も早めで、グラフィックは良かったです。

因みに、人によってはアダルトゲーム扱いする場合もありえるし、
自分もコラムとかでは含めて考える場合もあるのだけれど、
本作自体は大して描き込まれていない裸が、
脱衣CGとして出てくる程度にすぎません。
今でも15禁にもならないかもしれない程のオマケレベルなので、
一般扱いで考えた方が適しているようにも思います。

ゲームシステムに関しては、上記のようにコマンド入力式なのだけれど、
あまり複雑な構造ではなく、単語を一つ入力するだけで進んでいきます。
そのため、難易度はそれほど高くないのですが、
隠しコマンドが幾つも用意されていたり、
コマンドの入力方法が様々な形式に対応していたこともあり、
全体としては入力式の中でも良く出来ていたと思います。

それと忘れてならないのは、本作がマルチエンドだということです。
集めた証拠の種類により、ENDが変わってくるのです。
マルチエンドの作品としては元祖でもないのだけれど、
まだ珍しいことも確かなのであり、
ゲームの面白さの向上にはつながっていたと言えるのでしょう。
またアダルトゲーム扱いするのならば、マルチエンド作品としては元祖か、
それに準じるような最初期の作品になるのでしょう。

<総合>


総じて、欠点のない、バランスのとれた、
良く出来ていた作品でしたね。

どこを重視するのかということで、
私は欠点があっても明確なポイントのある作品を高めに評価しています。
だから例えば85年では、『天使たちの午後』を名作扱いしているのだけれど、
ゲームとしての完成度や総合力は本作の方が完全に上ですからね。
従って完成度や総合力を重視する人ならば、
本作を名作扱いすることになるのでしょうし、
それが十分納得できるだけの作品でしたね。

ランク:B(良作)

魔法使いの妹子

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1985」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2936-47cb6c61
| ホームへ戻る |