インタールード

インタールード

『インタールード』は2003年にDC用として、
NECインターチャネルから発売されました。

絵だけ見れば、堀部秀郎さんの代表作となるでしょうか。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

インタールード

内容的にはSF系のストーリーになりますね。
でも、ストーリーははっきり言ってどうでもいいのかもしれません。
設定的には好きな類なのですが、ちょっと物足らない感じで、
あまり記憶に残らないですからね。

むしろ本作で注目すべき点はCGであり、
そのグラフィックの1点でもって記憶に残るわけです。

原画は堀部秀郎さん。
萌え絵を否定するわけではないのですが、
ゼロ年代に入るころにはそういう絵ばっかりになってしまいましたからね。
同じような絵では個性を感じられないし、
単純に頭身の高いキャラが見たいって欲求もあります。
頭身の高いキャラで上手くて可愛い絵を描ける原画って、
年々貴重になっていってるんですよね。
その中でも特に好きな原画家が堀部さんで、
堀部さんのゲームってだけでも惹かれたものです。
この頃になると私はあまり絵買いをしなくなるのですが、
数少ない例外ってやつですね。

その堀部さんの絵も当然変遷があるわけで、
『鬼作』の下膨れの顔にはがっかりさせられたものですが、
その後崩れることなく持ち直したみたいで、
インタールードの絵柄はとても好みでした。

もっとも、そういう1枚の絵で勝負できる原画は、
えてして枚数が少なかったりします。
でも、本作ではそんな心配も皆無でした。
当時の平均的なノベルゲームの3倍を超えるくらいのCGがありましたし、
1枚1枚の絵のクオリティも高かったですしね。
質も量も文句なしなわけで、ことグラフィック面に関しては、
堀部さんの代表作と言っても良いくらいでしょう。

グラフィックという明確な特徴があるので、
全体としても名作扱いでも良いのかもしれませんけどね。
やっぱりちょっとストーリーが気になったので、
結局は良作と判断しておきたいと思います。

良いところも悪いところもはっきりしていたわけで、
だからこそ次の作品たる『斑霧』に期待していたんですけどね。
もう絶対にプレイできなくなってしまったわけで、
それは非常に残念に思いますね。

ランク:B-(良作)

インタールード

関連するタグ ドリームキャスト /ADV /インタラクティブムービー /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/291-9890bece
| ホームへ戻る |