オトスタツ

オトスタツ

『オトスタツ』は2002年にPS2用として、
SCEから発売されました。

ゲームジャンル:アクションパズルゲーム

オトスタツ

もともと私はパズル系のゲームが大好きで、
昔は良くやったものでした。
当然『テトリス』にもかなりはまったのですが、
以後はあまりやらなくなりました。

その理由は大きく2つあります。
1つは、アクション要素が主のパズルより思考重視系の方が好みで、
テトリス系は本質的には好みとややずれること。
もう1つは、テトリスもどきの落ち物パズルばっかになったことです。

多少アクション要素があっても新鮮さがあればプレイするのですが、
同じようなシステムでは飽きてしまうのですよ。
そんな私はPS時代の『IQ』は凄く楽しめたのですが、
それからまた間が空いたので、
PS2で何かないかと探していたときに出会ったのが、
この『オトスタツ』でした。
ゲームのルールは簡単です。
マス目で区切られたフィールドに水、木、土の3つのパーツを落とすと、
建物が建ちます。
落として建てるから、オトスタツなんですね。

かようにルールは単純なのですが、
その分奥深くて連鎖のテクニックもいろんなものがありましたし、
プレイしながら少しずつ身についていったように思います。
初心者がやってもついていける分かりやすさから、
途中でテクニックを身につけていく過程、
それにやり込み要素と、
とても完成度もバランスも優れた作品でした。

また、画面は横スクロールというパズル系にはやや珍しいタイプで、
ゆっくり考えているわけにはいきません。
厳密にはアクションパズルなので、
本質的には私の望むものとは異なるわけですね。
でも、横スクロールであるとか、
どんどん建物が出来上がっていく様子であるとか、
とにかく新鮮な感覚でプレイできるわけで、
非常に楽しかったですね。

私ですらどうにかなりましたので、
アクション系が大の苦手な人でも大抵は大丈夫でしょう。
ただ、やり込んでいくとどうしてもアクション性は無視できませんので、
一応アクション系の他の例により評価はしません。
ただ、主観的に凄く楽しかったわけで、
PS2のパズルといえばこれだろって思い浮かべる作品ではありますけどね。

落ち物パズルの画面内のものが消えていく快感も良いですが、
連鎖で画面中に華やかに建物が出来上がっていくのも、
これはこれでとても爽快感があります。
落ち物パズルはもういいよ、たまには違う物もやりたいというのであれば、
本作は絶対にオススメの1本といえるのではないでしょうか。
久しぶりにアイデアと練り込みの優れた作品に出会えた感じで、
満足度の高い1本でした。

オトスタツ

オトスタツ ~OTOSTAZ~

関連するタグ PS2 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/29-6f1897e4
| ホームへ戻る |