『催眠術2』

『催眠術2』

『催眠術2』は2007年にWIN用として、
BLACKRAINBOWから発売されました。

ブランドの看板シリーズの2作目になります。

催眠術2

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
桜井進は内向的な少年で、色々なことを諦めて生活していた。
生真面目な母親の小言、それに反抗もせず従うこと。
学院でのイジメに卑屈な笑みを浮かべて耐えること。
それを冷ややかに見つめる幼馴染の視線を受けること。
唯一の安らぎは、叔母の家での家庭的な夕食の時間だけだった。
ずっとこんな虚無的な日々が続くのだろうと思っていた。
ある男に出会うまでは……。
その男、村越進太は、進の生活に劇的な変化をもたらすことになる。
「催眠術」という、突拍子も無いモノを教えてくれることで……。

<感想>


BLACKRAINBOWと言えば催眠術シリーズが一番有名だと思うのだけれど、
そのイメージを生み出したのは、本作があったからなのでしょう。
初代『催眠術』はデビュー作でもあり、記念となる作品でもありました。
しかし絵とかしょぼいし、シリーズ関連作が増えて人気になるとは、
当時はまるで思いもしませんでしたからね。

また本作は初代催眠術の後継であるだけでなく、
いわゆる村越シリーズの一つでもありまして。
主人公・ヒロイン以上にインパクトのある村越というキャラが、
本作でも存分に目立っています。
BLACKRAINBOWのファンは程度の差はあれ村越を気に入っていると思うし、
その観点からも本作が人気を得る理由となりえるのでしょう。

だから一般的な観点で考えるならば、
ブランドやシリーズにとって本作は大きな一本であり、
代表作の一つになることは間違いないのでしょう。

ただ、個人的な感想としては、そこまで良いとも思えなかったわけでして。
いや、十分に元を取るだけの楽しさはあったのですが、
上記の世間での位置付けほどには感じなかったということですね。

そもそも初代『催眠術』のしょぼい絵は論外としても、
村越シリーズとしては『催眠学園』もあり、
個人的には非常にハマったものでした。
それと比べると、どうもキャラに魅力を感じられず、
それで発売当初はスルーしました。
しかし、その後に『擬態催眠』をプレイして、
凄くキャラに魅力を感じたことから、
本作をプレイしてみる気になったのです。

で、実際にプレイして、ある程度満足できたものの、
良くも悪くも普通だよなと。
元々催眠系作品として特に変わった内容であるわけでもないし、
村越などのキャラが立ちすぎたこともあるのでしょうが、
シナリオとエロの両方を欲張って中途半端に終わったみたいに感じました。

ただ、それらの印象も後付でしかないのかもしれません。
原画である吉野恵子さんの絵が、
例えば『擬態催眠』の頃などでは良く見えるものの、
本作とかだと少しくどく見えてしまい、
それであまりエロく感じられなかったというのがありますから。

<総合>


個人的には催眠ものとして無難な内容であり、
普通に楽しめる佳作ってところでしょうか。

もっとも個人的な感想を抜きにするならば、
本作は催眠モノというジャンルにあっては大きな存在であり、
この手のジャンルが好きな人ならば、
一度はやってみた方が良い作品かと思いますね。

ランク:C(佳作)

催眠術2

DVDソフト催眠術2

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2007」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2882-7fe70ced
| ホームへ戻る |