『クロス ~狂気への道標~』

『クロス ~狂気への道標~』

『クロス ~狂気への道標~』は2004年にWIN用として、
TRUSTから発売されました。

ヒロインである雫の存在感が目立っていましたね。

クロス ~狂気への道しるべ~

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・充臨館学園に通う、概ね普通の学生‘織田道臣’。
学園の内外を問わず、黒い噂の絶えない学生‘狩野元哉’。
同じ学園に通う後輩と先輩でしかなかった両者は、
ある日、ひとつの接点を持つことになる。
「エロゲー」を買う姿を元哉に目撃された道臣。
道臣の「陵辱ゲー」に、興味と欲望を膨らませる元哉。
そして、元哉は道臣に問い掛ける。
「現実を舞台にして、ゲームを再現できないか?」
ゲームの目的は「攻略対象を性奴隷へと堕とすこと」。
攻略の手段は「陵辱」。
攻略の対象は‘氷川雫’‘綾瀬優姫’‘坂崎遥’。
ありふれた日常の中で出会う無数の選択肢。
なにげない選択が、重要なフラグを立てる。
積み重ねられたフラグが導く、興奮のエッチイベント。
ゲームの中で遊び飽きたはずのパターンが、
現実の光景となって道臣の前に再現される。

<感想>


2004年というのは、アダルトゲーマーにとってどういう年だったのか。
個人的にはゼロ年代の中でも極めて豊作な年だったと思うし、
かつて名作を輩出したクリエイターらの新作が幾つも揃ったことから、
半ば引退気味の人も躊躇してしまうような作品があり、
ベテランゲーマーは気になった作品が多かった年だと思います。

でも、中には不作だったという意見もあったわけで、
最初はそれがどうにも理解できなかったのだけれど、
そう言う人たちの傾向を分析してみると、
売れ筋の萌え・純愛ゲーばかりプレイしている人だったんですよね。

そう言われてみれば、純愛系の大作に限定して考えるならば、
2004年は話題作が少なかったのかもしれません。
地方の小売店の話をみても、Fateは売れたけど、
逆にそれしか売れず他のがサッパリというのがありましたし。
過去の名作を生んだクリエイターの新作なんて、
当時の初心者は興味を示さないでしょうから、
萌え・純愛中心のゲーマーには印象の薄い年だったのでしょう。

ただ、ベテだけが歓喜した年かというと、必ずしもそうではなくて、
陵辱系の作品に名作・良作の非常に多い年でもあり、
陵辱系中心のユーザーなら、当時の初心者でも楽しかったのではないかなと。
そして本作も、ある意味で2004年を象徴する作品の一つなのかもしれません。

さて、本作は内容的には陵辱ものであり、
ストーリーに関しても特に秀でた部分はありません。
テキストも、本作のライターの作品は幾つもプレイしていますし、
個人的には嫌いではないのですが、特別良いというほどでもないでしょう。
全体としては、ごく普通の陵辱ゲーという感じなんだと思います。

ただ、一点だけ強烈な魅力を有していまして、それがキャラなんですね。
より具体的に言うならば、ヒロインの雫ですね。
陵辱作品におけるヒロインというのは、
言い換えればメインターゲットとなるのだけれど、
犯されてすぐに墜ちてしまうキャラも多いんですよね。
それに不満を持って、なかなか墜ちないヒロインが望まれたものですが、
本作のヒロインである雫がまさにそうで、
最後まで反抗心を持ち、なかなか墜ちないわけです。
酷い言い方をすれば、使い捨てとなりかねない陵辱ゲーのヒロインにあって、
雫は珍しく高い人気を有し、その後も関連作品が幾つも出ています。
純愛・萌え系作品のメインヒロインでも、近年は使い捨てのように、
新作が出れば忘れ去られてしまいかねない状況にあるわけで。
そんな中で陵辱系作品のヒロインが愛され続けるというのは、
かなり異例なのでしょう。

先程、2004年の陵辱系には名作・良作が多かったと書きましたが、
ストーリーの良いものもあれば、ゲーム性の凝ったものもあり、
各作品の傾向は異なってきます。
中にはキャラに特徴のある作品もあるわけで、
その代表格が本作ということなのでしょうね。

<総合>


基本的にはストーリーだけなら凡作程度の作品なのだけれど、
キャラの存在感でプラスになり、総合では佳作としておきます。
ヒロインの存在感を重視するならば、それ以上の評価もありえるでしょうね。

墜ちないヒロインというのは、
当時は陵辱系作品における理想のヒロインだと、
そんな風に自分も考えていたものでした。
他所でもそういう意見を何度も見かけたから、
皆が同じように考えていたと当時は思っていたのですけどね。
今は墜ちないヒロインが増えるどころか、
マッハで即墜ちするヒロインが増えているわけでして。
懐古を嫌い現状を肯定する人によれば、
昔は何が売れるか分らなかったけれど、
今は需要に合わせて供給されるようになったそうで。
じゃあ、その意見が正しいのだとして、
本当にユーザーの求める作品が増えていくのだとするならば、
多くのユーザーは、コイツ阿呆だろとしか思えないような、
即墜ちする女性の方を望んでいるのだろうかと、
そんな疑問を抱いてしまいます。

まぁユーザー一般の嗜好はともかくとして、
もし陵辱ゲーに墜ちないヒロインを求めているのであれば、
本作はオススメなのでしょう。

ランク:C(佳作)

クロス ~狂気への道しるべ~

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2004」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2881-c2f868ef
| ホームへ戻る |