『カラテカ』

『カラテカ』

『カラテカ』は1985年にファミコン用として、
ソフトプロから発売されました。

オリジナルは84年に発売されたPC版なのですが、今回はファミコン版の話。

カラテカ

<概要>


ゲームジャンルは横スクロールの格闘アクションになります。

空手家の主人公が攫われた婚約者を連れ戻すため、
アクマやその部下達と闘うという内容の作品でした。

当時、私の周りではクソゲーの筆頭格となるゲームでしたね。

<感想>


当時、自分の周りでクソゲーとして真っ先に挙げられたのが、
『カラテカ』と『ボコスカウォーズ』の2本でした。

もちろん他にも凶悪なクソゲーは存在するのですが、
一瞬でクソさを理解できる作品の方が知名度は高くなります。
従ってワンプレイに時間がかかる作品よりも、
皆で集まった時に知らない人にすぐにでも教えることができる、
分かりやすくて短時間でも楽しめる作品の方が広まりやすいのです。

その点、本作は実に分かりやすい存在でした。
空手家の主人公を扱う格闘アクションだったのですが、
恐ろしく地味な見た目に、のろのろと動くキャラ。
シンプルなゲーム内容に、開始後一歩下がれば即死というトラップ。
実に分かりやすいクソゲーでしたね。

ただ、本作のオリジナル版は84年のApple II版です。
私はオリジナル版をプレイしていないので、
ここからは推測での話でしかないですけどね。
技術の進化が著しい時期だっただけに1年といえども馬鹿になりませんし、
PCからFCへの移植で劣化するケースは非常に多いです。
っていうか、PCゲーでゲーム機に移植されて、
オリジナルの持つ面白さを超えるどころか、
そもそも維持できた作品すらもほとんど存在しないでしょう。
オリジナルは歴史的名作なのに、
ファミコン移植版はクソゲーって作品は一杯ありましたし。
だからオリジナル版を84年にプレイしていたならば、
もしかしたら私は感動していたかもしれませんね。
オリジナル版の解説を読むと凄いと思えますし、
その後の作品から判断すると作った人は天才だと思いますから。

因みに、本作を作ったのはジョーダン・メックナーであり、
代表作として挙げられやすいのは『プリンス・オブ・ペルシャ』でしょうか。
『プリンス・オブ・ペルシャ』はアクションゲームで、
多くの人が馴染みやすい上に各機種に移植されましたから、
今でも知名度は高いと思います。

プレイした人の多さを考慮して一般論で考えるならば、
基本的には代表作は『プリンス・オブ・ペルシャ』となるのでしょう。
しかし個人的にはというか、ADV好きの観点からは、
やっぱり『ラストエクスプレス』の名が出てくると思います。

『ラストエクスプレス』は衝撃的だったな~
詳しくは以前に記事を書いていますので、そちらを読んでください。
ADV史上の最高傑作にもなりえたかもしれない作品であり、
海外でも非常に高い評価を得ています。
日本語版もあるもののPC版だけなので存在自体がマイナーなのですが、
手の込んだパッケージに、吹き替え声優陣の上手さ・豪華さもあり、
移植作品としても一級品でしたからね。

少しずれてしまいましたが、
良い意味でも悪い意味でも『カラテカ』はインパクトのある作品であり、
印象深い作品でした。

カラテカ

関連するタグ ファミコン /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2866-fedb7c76
| ホームへ戻る |