『終わる世界とバースデイ』

『終わる世界とバースデイ』

『終わる世界とバースデイ』は2012年にWIN用として、
コットンソフトから発売されました。

逆さまに落下する女の子のデコがツボだったのですよ。

終わる世界とバースデイ

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・2012.9.29 世界が終わる――
夏も終わりを告げようとする9月。
その噂は主にインターネットを通じて、
世界中でまことしやかにささやかれていた。
もちろん、そんな噂を鵜呑みにしている人間はほとんどいない。
しかし信じずとも、密かに不安と期待を抱いている人間は大勢いた。
「その日に何かが起こるのではないか」という、漠然とした不安と期待を。
主人公は、そんな噂には一切興味のない方だった。
彼にとって大事なのは、死んだ親友の妹を守ることだけ…
彼のことを死んだ兄だと思い込んでいる、かりそめの妹を。
だが予備校で知り合った同級生に相談され、
なりゆきで「9.29対策協議会」という非公式サークルを作ることになる。
そのサークルの目的は、
今ネットで話題の「世界が終わる」という噂が真実か否か、
みんなで検討して対策を練ろうというものだった。
2012年9月29日まで、あと*日。
その日は死んだ親友の命日であり、“妹”の誕生日でもあった――

<感想>


ねこねこソフトの作品が薄っぺらく感じて楽しめない、
及びコットンソフトの過去作である『レコンキスタ』が楽しめなかった、
などの理由から最初はスルー予定だったのですが、
ブランド内でも最も評判が良さそうでしたからね。
そして何よりも、逆さまに落下する女の子のデコが妙に印象的でして。
決め手となったのは、デコなんですよね。
まぁ、プレイしてみると、特別可愛いってほどでもなく、
むしろ髪が少し野暮ったく感じたくらいなのですが。
っていうか、もうずっと逆さまのままデコを出していて欲しいなとw

ストーリーは仮想現実を用いたループものであり、
初めてプレイするようなユーザーには絶賛やすい一方で、
いろいろプレイしてきたユーザーには既視感の方が強くなり楽しみきれない、
或いは過去の同系統に及ばないと思われやすいジャンルですね。

余談ですが、こういうのは初心者であるほど強烈にはまりやすいですし、
そうなると出来るだけプレイヤーの年齢を下げるべきであり、
アダルトゲームで出すよりも、
ゲーム機で出した方が良い評判を得やすいと思うわけでして。
本作はエロも薄いですし、だったらアダルトゲームではなく、
ゲーム機で出せばもっと話題になったろうになと思ったりも。

さて、似たような題材を何度か見てきた者的には、
もう内容で衝撃を受けるということはなくなるので、
むしろ見せ方に関心が移っていきます。
同じような内容であっても、見せ方次第で印象は変わりますから。
もっとも本作は後半で設定だの仕様だのって感じで畳みかけられ、
もう何でもありみたいに思えてしまい、
見せ方という点でも良くなかったと思います。

ところで、上記のようにこの手の作品は、
同系統の作品をプレイした人ほど楽しめなくなりやすいわけで、
過去の同系統の作品を経験した人に中には、
自分にとっての名作より劣ると感じた人もいるでしょう。
問題なのは、その自分にとっての名作というのも、
更に古いユーザーからすればまた別の作品の焼き直しにしか見えないわけで、
読み物である限りは自分が最初に触れた作品が良く見えるという、
同じ問題に直面するのでしょう。
だから私の場合、
例えばゼロ年代前半のループものなどで今では名作扱いされるものでも、
酷評する場合が何度かありましたし。

本作も読み物である点は同じなのだけれど、
mixiを真似たSNSが作中に登場し、ゲームシステムとして用いられています。
その点では純粋な読み物系ノベルとは異なりますし、
現代的にアレンジした姿勢も好印象で、
過去の作品と単純には比較できないのだよとの印象も抱かせます。
システム自体は改善の余地も多いですし、
そのため必ずしも効果的とも言えないのかもしれませんが、
それでも個人的には単純なノベルよりは良かったと思いますね。

<総合>


もし同じ内容で純粋なノベルであったならば、
凡作と考えたかもしれませんね。
しかしSNSの要素をゲーム内に織り込んだ点は良かったですし、
その点も考慮して総合では佳作としておきます。

ランク:C(佳作)

終わる世界とバースデイ

終わる世界とバースデイ[初回版]

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2012」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2847-c5887ce2
| ホームへ戻る |