『Angel Beats! -1st beat-』

『Angel Beats! -1st beat-』

『Angel Beats! -1st beat-』は2015年にWIN用として、
Keyから発売されました。

これ、本当に6分割の予定を貫くんですかね・・・

Angel Beats! -1st beat-

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
舞台は死後の世界。運命に立ち向かう少年少女達の物語。
何らかの理由で最期を遂げた少年・音無は死後の世界の学校で、
ゆりと名乗る少女と出会う。
彼女は理不尽な人生を強いた神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、
日夜激戦を繰り広げていた。彼女たちに立ちはだかるのは、
神の使い「天使」と呼ばれる1人の可憐な少女だった。生前の記憶が無く、
この死後の世界で何が起きているのかもわからず戸惑う音無。
彼はゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。

2010年に放映された麻枝准原作・脚本のオリジナルアニメがついにゲーム化。
語られなかった日常を始め、「選択肢」を盛り込むことで
アニメにはなかったゲームならではの展開が広がる新しいAngel Beats!
アニメ以上の勢いあるキャラクター達の会話の応酬と深い心理描写の数々。
戦線メンバー19名全員の生前と、その「やりたかったこと」が描かれる
全6巻構成の巨編アドベンチャーゲームです。

<感想>


2010年に放映されたアニメのゲーム化であり、
ファンであるかそうでないかでも違いが出てくるのでしょう。
私自身はファンでもないので、
6分割と聞いた時にはアホかと思ったものです。
なので最初にそう聞いた時は興味が失せたのですが、
アニメも序盤はネタとして楽しめましたし、
好きなキャラの個別ENDが見られるのであれば、
その部分だけをプレイすれば良いのかなって。
そして自分の場合、岩沢が凄く好みだったんですね。

本作には岩沢とユイと松下の、計3人のルートが収録されています。
まぁ野郎はどうでもいいのだけれど、
岩沢ルートは一番見たかったものだったし、
ユイもヒロインの中では好きなキャラでしたからね。
本作のプレイ前から、本作の出来が良くても悪くても、
いずれにしてもこの1st beatだけやれば良いかなと、
2以降は興味はないし、やることもないだろうけれど、
これだけはやっておこうと思ったのです。

で、プレイしてみたわけですが、
アニメを見た者としてはユイルートは見る必要がなかったし、
肝心の岩沢ルートは非常にアッサリでして。
正直なところ、かなりガッカリでした。
アニメを見ていた時は、アニメは尺の問題があるから仕方ないのだ、
ゲームならもっと深く掘り下げてもらえるはずと思ったのですが、
あまりそんなこともなかったですね。
岩沢ルートは、あの展開にするのであれば、
普通にアダルトゲームにしてくれればと思ってしまいますし。

<総合>


あまり書くことがないというか、少し他の人の感想も見てみたのですが、
大体皆と同じ意見です。
だからあえて語るまでもないと。
松下ルートとか、求めるものにもよるのでしょうが、
とりあえず世界観の掘り下げと岩沢ルートに期待した私みたいな人だと、
ガッカリしてしまう内容でしょうね。

これ、本当に6分割で続けるのでしょうか。
ボリュームも多いわけでもないし、
2作分を一つにしてちょうど良いように思うのですが。
まぁ上記のように私は本作にしか興味がないので、
これが最後のABになるのでしょうけどね。

最後に余談だけれど、ABはグダグダでストーリーはひでぇと思いつつも、
部分的にはネタとして盛り上がったので、
最後まで見続けようって気にはなれたんですよね。
しかし今のシャーロットは、次を見ようって気すら起きなくなってしまい、
結局途中で見るのをやめてしまいました。
期待していただけに、非常に残念でしたね。

ランク:E(駄作)

Angel Beats! -1st beat-

Angel Beats! -1st beat- ソフマップ LIMITED EDITION

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2015」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2843-1987835a
| ホームへ戻る |