下ネタという概念が存在しない退屈な世界 12話(最終回) 感想

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 12話(最終回) 感想

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 12話(最終回) 
「下ネタよ永遠に」 感想

今期のアニメの中でも1・2を争うほど面白く、
原作未読だった作品の中では一番楽しめた作品でしたね。

simoneta1200002.jpg

<感想>


漫画版だかを柚木N'さんが描いていたので、
それで少しは気になっていたのですけどね。
どうせ中高生向けラノベだろうし、
今更自分が読んでも楽しめないのだろうなとか勝手に思い込んでいたわけで。
そのため原作に関しては、全く未読の作品でした。
だからアニメを見て面白いことを知ったわけで、
自分にとっては完全にダークホースの作品でしたね。

ぶっ飛んでいるというか、やりたい放題にやっているなと感じつつも、
それでいてしっかりと一本筋が通っているようで、
作者すげぇなと思ったのも久しぶりでした。
そういう作品は今は中々見かけないように思いますので、
余計にも際立って見えたものです。

こういうエロを絡めつつも突き抜けたような勢いを感じさせるものを求め、
普段ノベルゲーとかやっているのですけどね。
今のフルプライス作品にないものが、この作品にはあったように思うわけで、
こういう勢いを感じさせる作品・内容を、
年齢による縛りのないノベルゲーで何でできないのかと、
何だか悔しくもありますね。

本作に関しては、ストーリーがはじけているだけでなく、
映像や声優さんも非常に良い味を出していました。
simoneta1200005.jpg
アンナ・錦ノ宮は特に象徴的なキャラと言えるでしょう。
彼女が本性を表しだしてから、どんどん面白くなりましたし。
simoneta1200008.jpg

個人的に好きなキャラは、ベタだけど華城綾女ですね。
デコが良いなと思えるキャラも久しぶりです。

今回、大きいわけではないような表現がされていたけれど、
これ見ると十分に大きいような。
simoneta1200004.jpg
12話で一番可愛いなと思ったシーンはここ。
simoneta1200006.jpg
黒下着も似合うし、恥じらう表情が可愛かったです。

最終回ということで、最後の最後で乳首も解禁されてましたし。
simoneta1200010.jpg

ギャグ中心の作品はラストがグダグダになる傾向も強い中、
最終回も上手く纏めてましたしね。
綺麗に終わったと言えば終わったのだけれど、
まだ続いているのも確かなだけに、
できれば2期も見てみたいものです。

今期は本当に見るものが少なくて、
それでも監獄学園のように面白い作品もあったのだけれど、
監獄学園は原作を読んで知っているので、
次がどうなるのかという楽しみや新鮮さはありません。
来週どうなるのだろうというワクワク感を最後まで持てたということで、
個人的には今期は本当にこの作品に救われたなというのが、
率直な感想ですね。
原作の良さはもちろんのこと、作画も崩れず、中の人も頑張り、
本当に面白く良い作品でした。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「アニメ」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2840-6a453f69

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 TokyoMX(9/19)#12終

【下ネタという概念が存在しない退屈な世界】 第12話『下ネタよ永遠に』 感想 (キャプ付)

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 第12話(終) エロは文化として永遠に

アニメ感想 15/09/19(土) #下ネタという概念が存在しない退屈な世界 第12話(終)、#Charlotte 第12話

| ホームへ戻る |