『淫烙の巫女』

『淫烙の巫女』

『淫烙の巫女』は2007年にWIN用として、
Nomadから発売されました。

高貴な巫女さんを羞恥攻めというのがツボでしたね。

淫烙の巫女 dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
かつて大妖怪として我が世の春を謳歌していた妖・白鬼丸。
だが、その身を賭してでも妖を封印せんと決意をした一人の巫女により、
白鬼丸は封ぜられてしまったのである。
時は流れて現代。妖の伝承はその地に続く神社に伝えられてきたが、
最早それは一般人にとって御伽噺に過ぎなかった。
白鬼丸を封じたと伝えられる大きな岩は、
公共工事の名の元に砕かれてしまう。
「ふはははははははは!礼を言うぞ、人間共!」
だが、彼には一つ、大きな難題があった。
その身を封じられた際に、己の妖力の核を引き剥がされていたのである。
その核は、彼を封じた巫女の血を引く者の魂に、今も封ぜられているという。
「面白い。ならば当代の巫女よ、貴様の肉体を快楽に溺れさせ、
魂を汚し尽くしてやろう。さすればその霊力も、消えうせるだろうよ!」

<感想>


元々、金目鯛ぴんくさんの絵が好きな上に、
凛とした女性を羞恥攻めなんてのはストライクゾーンど真ん中なので、
本作の設定は非常に好みでして。

個々のHシーンも長めですし、
属性としては、巫女、羞恥、輪姦辺りが好みなら、
まず楽しめるように思います。

ただ、全体の流れが若干大雑把な作品でもありますので、
ヒロインの堕ちていく過程を重視する人とかだと、
少しものたりなく感じるかもしれません。
私自身、シチュもキャラも好みであるはずなのに、
その割には楽しみきれなかったように思いますし。

まぁ私はHシーンの尺の長さとか気にしない方なので、
本作の恩恵が少なかったのも確かなのでしょう。
本作は、とにかくエロければ良いと割り切れる人の方が、
単純に楽しめるように思います。

<総合>


部分的には良いと思うのですが、
個人的には羞恥ものも輪姦ものも好きだけれど、
羞恥と輪姦の組み合わせはあまり好きではないとか、
尺の長さがあまりプラスに作用しないなどの理由から、
いまいちはまりきれなかったのかなと。

一見するとツボな設定のように思えたのだけれど、
プレイしてみると少しずつずれていた感じですね。

もっとも、上記の理由は極めて主観的なものですから、
異なる考え方の人、例えば羞恥+輪姦の組み合わせが大好きで、
Hシーンの尺が長ければ長い方が好みであるならば、
そして当該場面でエロければ良いのであり、
堕ちる過程なんか気にしないって人であるならば、
かなり楽しめる可能性はあるのでしょう。

ランク:D(凡作)

淫烙の巫女 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2837-1984adfd
| ホームへ戻る |