テレフォンクラブストーリー

テレフォンクラブストーリー

『テレフォンクラブストーリー』は1988年にPC-88用として、
コンピューターブレインから発売されました。

その名の通り、テレクラを題材にしたゲームですね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

telephone01_2015061608041668d.jpg

個室に入って電話をして、
上手く会話ができたら(フラグが立ったら)、
待ち合わせてHシーンへって流れです。

ゲームのほとんどは会話で成り立つわけですが、
ところどころ空欄状態になっています。
その空欄に当てはまりそうな言葉を、
選択肢の中から選んでいくわけですね。

空欄に入る言葉は1つだけで、
誤った言葉を入れると持ち点から減点されていきます。
この持ち点がなくなるとゲームオーバーになってしまいますので、
それまでにクリアする必要がありました。

登場する女の子は全部で3人。
28歳の人妻と18歳と16歳の女子高生でした。
若干癖がある気もしますが、まぁ普通の範囲にはおさまるのかなと。

会話ゲームというのは最も基本的なADVの形かと思いますが、
テレクラとは良く考えましたね。
これならシステムとストーリーのマッチ感があるので、
とても自然な感じでプレイできます。
98時代には『バーチャコール』という作品がありましたが、
好きな人は好きなタイプのゲームでしょうね。
私は会話ゲーム自体は好きなのですが、
テレクラというシチュエーションがあまり好きでないものでして。
それで楽しみきれなかった面もありますね。

目の付け所は面白いけれど、ゲーム自体の練り込みも普通でしたし、
総合では佳作ってところでしょうか。
特に好きなゲームってわけではないのですが、
この手のゲームは忘れた頃に出てきたものです。
でも、最近はあまり見ないよなって思うわけで、
そうなるとそれはそれで寂しい気もしてくるものですね。

ランク:C-(佳作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/282-4eac62b6
| ホームへ戻る |