『人形使い』

『人形使い』

『人形使い』は1992年にPC98用として、
フォレストから発売されました。

90年代前半のアダルトゲームのアクションゲーの代表作ですね。

ningyoutukai02.jpg

<概要>


ゲームジャンルは、対戦格闘アクションになります。

あらすじとしては、美少女が操縦者であることが条件の、
ロボットによる格闘技大会がありまして。
この大会には莫大な賞金が出ることから、
主人公である瑞穂リカも出場することになります。

<感想>


最近は、特にブログを始めてからは少しは専門性を出そうかと思い、
それで扱う作品がADVばっかりになってきていますけどね。
元々は非アクション系は全般的に良くプレイしていましたし、
80年代までなら非アクション系以上にアクション系もプレイしていました。

記事で扱うことがほとんどなかったので偏ってしまい、
このブログだけを見るとPC98もADVばっかと思いそうになりますが、
PC98のアダルトゲームにはアクション系も少なからず発売されていたのです。
実際、統計を見るとADVは三分の一程度しかないですから。
そしてそんなアクション系の代表作の一つが、この『人形使い』なのでしょう。

本作は、いわゆる対戦格闘ACTになります。
対戦格闘ACTは今ではすっかり下火ですが、
一時期は非常に流行っていましたよね。
ブームの火付け役であるSFCの『ストリートファイター2』が92年の発売で、
本作も同じ92年の発売ですから、時期的にも早い方になるのでしょう。
アダルトゲームの対戦格闘ACTとしても、
本格的な物は本作が初めてだったかもしれません。

アダルトゲーム初の本格対戦ACTということで、
その存在意義も少なからずあるのでしょうが、
残念ながらそれ以上の詳しいことは書けなかったりします。

90年代以降はアクション系をプレイする頻度が減ったこともありますが、
特に対戦格闘ACTは個人的に最も苦手とするジャンルでして。
ゲームセンターに行く習慣も全くなかったこともあり、
下手糞な上にプレイ時間も非常に短いジャンルなのです。
だから細かいゲームの良し悪しは分らないのだけれど、
本作に対しては悪い評判も聞かなかったですし、
勝てなくてもそれは自分が下手なだけですから、
ゲーム全体としては良く出来ていたのではないでしょうか。

それと、本作はアダルトゲームなので、
対戦して負けると一枚ずつ脱いでいくことになります。
ある意味92年の作品らしく、エロ度は非常に低い作品であり、
その点は少し残念でしたかね。

でも、CGは非常に綺麗でした。
特にキャラが大人の女性が多く、頭身も高めのデザインですので、
モロに好みでしたね。
ningyoutukai01.jpg

どうもオタク層は炉利が多いのか、萌えという名のもとに、
どんどん炉利なキャラデザばかりが増えていき、
それで今日に至るわけですが、
個人的には本作のようなキャラデザが理想なんですよね。
こういう絵柄がまた流行れば、少なくとも私は大喜びなのですが・・・

<総合>


アクション系で、しかも最も苦手とするジャンルなので、
ランク表示はなしということで。

まぁでも、PC98時代の対戦格闘ACTって、
本作を含めた「人形使いシリーズ」と、
戯画の『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』シリーズの、
その二つが特に有名という印象でしたからね。
最優先で押さえておくべきなのは、この2シリーズだと思いますね。

人形使い

関連するタグ PC98 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

人形使いとVGは否定しませんが、 あの時代の対戦ものエロゲなら「クィーンオブデュエリスト」をお忘れなく。
初代は惨憺たる有様でしたが、外伝の出来は素晴らしかったです。
キー反応、キャラの操作性、龍虎コマンド式の超必殺技の導入・・・
個人的はwin以前の最高峰だと思います。
あずまんがやよつばと!のあずまきよひこがエロゲの原画をしていたという歴史的にも価値が高いですしね!

クィーンオブデュエリストもありましたね。
先駆けとしての人形使いと、VGは個人的な印象は抜きにしても、
幅広く移植されて知名度は抜群でしたので、名を挙げた感じです。
もっとも有名作が一杯あるわけでもないので、
クィーンオブデュエリストも含めて三大~みたいに紹介した方が、
良かったかもしれませんね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2810-9f7b2d46
| ホームへ戻る |