PIAS ~引き裂かれた性春~

PIAS ~引き裂かれた性春~

『PIAS ~引き裂かれた性春~』は1990年にPC98用として、
バーディソフトから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
属性:寝取られ ミステリー

pias0101.jpg

いつの時代も胸糞悪い、
後味の悪い作品ってものがあるわけでして。
本作もまた、そんな作品の1本でした。

さて、大まかなあらすじから入りますと、
主人公には両想いの幼馴染がいるわけで、
つまりはメインヒロインなわけですね。
ところが、ゲーム序盤で同じ学校の不良に犯されてしまいます。

その上、そこでその不良が死んでいたことから、
メインヒロインが殺人容疑で逮捕されてしまいます。
何かもう、今だったらこれだけでボロクソに叩かれそうですよね。

主人公は彼女の殺人容疑を晴らすことが目的となるわけですが、
ぶっちゃけあまり役に立ちません。
結局他人のおかげで解決したようなものなのですが、
そこはまだ我慢できるとしましょう。

問題は出てくる女の子の扱いで、
途中で主人公の手助けをしてくれる子も犯されるし、
クライマックスとなるラストの場面でも、
容疑が晴れても主人公とヒロインの心の傷は晴れないとか、
しっかり傷口に塩を塗っていきます。
ってか、そこでレイプシーンの回想とか、もはや鬼ですw
pias0201.jpg

ジャンルはコマンド選択式のADVで、
ストーリー面以外は特に変わったところはありません。
一体何を考えてこんなのを作ったんでしょうね。

まぁ、それでも該当シーンで濃いエロがあれば、
それはそれで違った楽しみ方もできたのでしょう。
というか、これで寝取られに目覚めましたって人も出てきたかもしれません。
しかし実用性のあるようなエロさを伴っていなかったものだから、
そういう目覚めたって人もあまり聞かないですし、
不自然に悪い方に持っていこうとするから、
とにかく後味の悪さだけが残るのですよ。
ガッツリと描写されていれば、
或いは寝取られ系の元祖的な扱いを受けて崇められていたでしょうにね。
そう思うと、ちょっと勿体無かったのかもしれません。

個人的にも今では寝取られ系や後味の悪い作品は好きなのですが、
実用性のない寝取られや、
この手の不自然に演出された後味の悪さはどうにも好きになれないです。
それこそ誰得って感じですよね。

そういうわけでゲームとしては全く評価できないのですが、
とりあえず印象にだけは残る作品でしたね。
バーディソフトはこの時期名作も幾つも作り出すのですが、
一方でこうした妙に暗い路線のゲームも作っていたわけで、
何とも不思議なところでしたね。

ランク:D(凡作)

中古PC-9801 5インチソフトPIAS ピアス

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/280-55e8e460
| ホームへ戻る |