LOVEMILF

LOVEMILF

『LOVEMILF』は2009年にWIN用として、
Autobahnから発売されたADVです。

私の好きな同人漫画のシリーズに、
山文京伝さんの「山姫の実」というシリーズがあります。
シリーズ作品間での繋がりは特にないのですが、
熟女が息子の同級生との肉体関係に溺れていくという、
大まかな設定が共通しているのです。

そういうゲームがやりたいなと常々思っていたわけですが、
これが意外と中々見つからないわけでして。
そんな中で、本作は私のような願望を持った人には最適の作品でした。

LOVEMILF dl

Autobahnの作品は『愛慾のエプロン』に『妻陥落』と、
良い人妻物が結構あったりします。
それで、新作発表はずっとチェックしているのです。

そのAutobahnの2009年の作品が本作。
本作は、主人公が親友のかあちゃんとの肉体関係に溺れていくという、
まさに私好みの作品でありました。
タイトルにある「MILF」とは、
「Mother I'd Like (to) Fuck」の頭字語で、
性的魅力のある年上の女性を表現する英語のスラングだそうです。
具体的には、概ね35歳から50歳の、
性的に魅力的な年上の女性を意味するそうです。
それを知っていれば、何とも直球なタイトルとも言えますよね。

内容はタイトルそのまんまだし、
プレイする側が求めるものもほぼ得られるでしょう。
補足しておくと、これは寝取り(NTL)物となります。

本作で特に目をひいたのは、グラフィックでした。
人妻や熟女を扱ったゲームはそれなりにありますが、
多くの場合せいぜい20代後半程度にしか見えず、
年相応の熟れた感じが伝わってこないのですよ。
その点、本作は良くも悪くも年相応です。
悪く言えばおばちゃんなのですが、
熟れた肉体ってものが実に良く表現されています。

こういう類の作品はゲームでは非常に珍しいので、
おそらく多くの人が新鮮な感覚を得られるだろうし、満足も出来るでしょう。
マンネリ気味なこの市場にあっては、本作のような存在はありがたいですね。
ある意味、2009年最大の収穫でもありました。

ただ、そういう面では非常に満足できた作品なのですが、
如何せんボリュームが少なすぎでした。
EDも1つでゲーム性もないですしね。
低価格商品ではありますが、
それを考慮してもコストパフォーマンスは良くないでしょう。
作品にそれなりの規模を求める人には向いてないでしょうね。

もろにこういうジャンルが好みの人とか、
或いは時間がないけどお金はあって新鮮な感覚を求める社会人とか、
そういった人ならドツボにはまれる可能性も大きいですし、
オススメの作品と言えるのではないでしょうか。
小粒ゆえに総合的に名作とは言いにくい作品ではありますが、
時間当たりの満足度は高い作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)

LOVEMILF dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/28-ef61c5b0
| ホームへ戻る |