<日記>青空エール、ユーフォニアム、やすりがけ、近況

<日記>青空エール、ユーフォニアム、やすりがけ、近況

毎日新記事を更新していた時より、今の方が忙しいような。

2015年の上半期の作品の感想を、少しずつだけど掲載していこうかなと。
気が向いた作品を気が向いた点だけ書くってことが増え、
本数も少ないだろうし、あまり長いのは書かないと思うけれど。

<ゲーム>


個別感想はそのうち書くと思うけれど、
とりあえず直近のオススメは『恥辱アイドル咲希はるか』。
どちらかと言うと、コアな露出羞恥ファン向けではなく、
露出羞恥も好きだけどエロ(本番)も欲しいなって人向けでしょうね。
何にせよサークル4H最大規模の、ある意味集大成のような作品です。

恥辱アイドル咲希はるか dl

<やすり>


最近何をやっていたかというと、やすりがけだったりしますw
ハンドメイドの木製品を購入し、
艶が出るようにとオイルを塗ったり、いろいろやっていたのだけれど、
物によってはちょっとした凸凹があるもので。
だったら、一度細かいやすりをかけてみるのも良いのかなって。

自分で一から木製品を作る場合には、
かなり粗い番号からやるべきなのでしょう。
でも一応製品として売られているのを購入した場合には、
最初から細かいので大丈夫そう。

ということで、まずは2000番。
フィルムシートだと高いので、2000番は耐水ペーパーを購入。
些細な傷なら、2000番で結構消える。
これは買って正解。

次が4000番。
ここからはフィルムシートの購入に。
買ったのは「三共理化学 超精密研磨フィルム #4000」。
木の種類にもよるけれど、ピッカピカになって、
かなり光沢の出てきた物もありまして。
いや~これは本当に買って良かったです。

三共理化学 超精密研磨フィルム #4000

4000でここまでならと、
調子に乗って「三共理化学 超精密研磨フィルム #8000」も購入。
もうここまでくると、
やすりの面とそうでない面の違いがあまり分らないような。
使った感想としては、少しは効果があるのかもしれないけれど、
あえて購入するだけのメリットがあったかとなると、
正直なところよく分らなかったです。
木製品の場合、どれだけ細かくても4000までで十分って感じですね。

三共理化学 超精密研磨フィルム #8000


<響け!ユーフォニアム>


アニメで『響け!ユーフォニアム』が放送中ですが、
アニメ版は会話が標準語でなされています。
もっとも、舞台が京都ということで、
原作では登場人物が関西弁で話しており、その点が大きく異なっています。

私は京都出身・・・と言っても、京都を離れてからの方が長いので、
もう関西弁も話せるかも怪しくなっていたり。
とは言え、記事を書いていて「ん」の字が多くなっているように思うのは、
少しは名残があるのだろうかと勝手に解釈してみる。

響け!ユーフォニアム


<青空エール>


吹奏楽つながりということで、個人的に今大好きな漫画が『青空エール』。
因みにダメ金とかの言葉は、『青空エール』で知りました。

完結した時にでもまた記事で書くかもしれないけれど、
吹奏楽を扱った作品に興味が出てきた人がいれば、これはオススメ。
それと本作は青春恋愛ものでもあるのだけれど、
一番のメインはスポ根的部分なのでしょう。
上記のユーフォニアムが比較的とんとん拍子で進むのに対し、
こちらは主人公がもがき苦しみ続け何度も壁にぶつかっていますからね。
本格的な吹奏楽漫画を読みたい人にもオススメだと思います。

いかにも青春って感じで、自分が中高生の時に出会っていたら、
今以上にハマっていたでしょうね。

青空エール

関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2780-6f3a6e4f
| ホームへ戻る |