キャプテン翼3 皇帝の挑戦

キャプテン翼3 皇帝の挑戦

『キャプテン翼3 皇帝の挑戦』は1992年にSFC用として、
テクモから発売されました。

テクモのキャプテン翼シリーズの第3弾。
前作までがFCからハードをSFCに移行しての発売でした。

キャプテン翼3

さて、テクモ版キャプ翼の初代は原作の内容をゲーム化した作品でしたが、
2作目は原作後を舞台にし、完全オリジナルストーリーを展開しました。
普通、そういうゲームって不評になりそうなものですが、
これがまたファンの間にとても好評だったわけでして。
いまでも2こそが正史だと言う人も多いくらいですしね。
他にもグラフィックもサウンドもファミコンでは最高レベルでしたし、
非常に素晴らしい作品だったわけです。

そういうわけで前作はグラフィック等が非常に素晴らしかったのですが、
キャプテン翼3はハードがFCからSFCにかわっていますからね。
当然のように前作より綺麗になっています。
やっぱりこのシリーズには派手さが欲しいですから、
これは素直に嬉しかったですね。

もっとも、前作はFCの同期の作品と比べても非常に優れていたわけで、
それで高く評価したものでした。
しかし、本作は前作よりは進化しているけれど、
周りもSFCになって進化していますからね。
相対的にはそれ程突出していたわけではなく、
前作ほどの点は付けられないのかなって感じでした。

システムはほぼ前作を踏襲しています。
ただ評価とは関係ないですが、レベルが上がりやすくなったので、
一度負けても再戦すれば勝ちやすくなりました。
前作でも非常に楽しんだシステムなので本作でも楽しめたのですが、
この頃から若干マンネリ感が漂い始めたかもしれません。

システムに変更がない分、
前作で好評だったストーリー面を更に強調したのが本作なのでしょう。
基本的には日本のそれぞれのメンバーが武者修行に出るのですが、
ラストはタイトルにもあるように、ドイツとの対戦です。
ここは、正直なところ意見が分かれると思います。
原作最強のライバルであるシュナイダー。
原作ファンなら彼をないがしろにされるのは絶対耐えられないはずであり、
もう一度日の目を当てたのはファンとしては嬉しいところでもあります。
しかしその一方で、前作のコインブラ登場時に凄く興奮したのも確かなのです。
キャプテン翼3では、そういう興奮や刺激が欠けていたんですよね。
せっかくの統合ドイツなのですから、
シュナイダーに匹敵する程の存在感のあるキャラを出して欲しかったです。

そういうわけで、かなり高評価だった前作には及ばないのかなと。
でも、比較対照が悪いだけで十分に面白いゲームではありましたし、
総合では良作ってところでしょうか。

思うに、後出しですが、4でフライハイトがいましたよね。
雨のフライハイトは鬼でした。
キャプテン翼3でもどうせなら後半から雨を降らせて、
そこにフライハイトを出していれば…
前半はシュナイダーの皇帝の怒りにひれ伏し、
後半はフライハイトの脅威にさらされるっていうのであれば、
もっとインパクトがあったのかもしれませんね。

ランク:C(佳作)

キャプテン翼3

関連するタグ SFC /SLG /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

キャプ翼はテクモ版が正史だと思っている一人です!
このキャプ翼3にもかなりハマりましたね。
FCからSFCに舞台を移しての作品でしたが、音楽に関しては
2の方が上だったと思います。
グラフィックも綺麗になっていましたが、演出として
2の方が良かった部分も。
面白い作品でしたが、2を越えれなかった作品でも
あったと思います。
今回で一番大きな変更点は、対戦プレイが出来るように
なった事だと思います。
かなりやりましたよ、対戦プレイ。
ミューラーが反則的な存在だったり、ロブソンの自動カットが
鬼だったのが印象深いです。
今でも十分楽しめる作品ですよね、テクモ版は。
ただ、データが消えやすかったのだけが残念でした。

こんにちは、コメントありがとうございます。
2はやっぱり凄かったですからね。
3は3で面白かったのですが、あれと比較しちゃうとどうしても物足りなくなっちゃうって感じですかね。
対戦プレイはストーリーモードとは異なるキャラの特徴が出てきたりして、新たな側面が見えて良かったですね。
こういうのはその時の友人との兼ね合いもあるので、私は4で対戦を良くやったものですが、全プレイヤーのデータを控えたりして夢中になったものです。
最近のサッカーゲームには疎いのですが、対戦のサッカーSLGってのもまたやってみたいですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/278-53ad51bd
| ホームへ戻る |