リターン・トゥ・ゾーク

リターン・トゥ・ゾーク

『リターン・トゥ・ゾーク』は1994年に、
PC各機種から発売されました。

ADV史上最も歴史のあるシリーズが、ゾークシリーズ。
とはいうものの、途中で少し間が開いていたんですよね。
で、久しぶりに復活したのが、このRTZでした。

ゲームジャンル:インタラクティブムービー
RTZ01.gif

それまでのゾークはテキストADVの代名詞的存在だったわけですが、
本作は時代を反映してインタラクティブムービーへと変更され、
全編がCGと実写で構成されています。

当然昔からのファンの中にはテキストにこだわる人もいるでしょうし、
そういう人には本作は合わなかったのかもしれません。
ADVも多種多様で全てのジャンルが好きとは限りませんからね。
でも、そうしたこだわりをはずしてみてみれば、
雰囲気はしっかりと従来のゾークだったと思います。
不条理というか、あのどこか馬鹿げた雰囲気が、
とってもゾークらしいのです。
テキストの世界から映像の世界へと大きく変わったことを踏まえれば、
これは良くできていたのではないでしょうか。
まぁ、基本的におかしな世界観ですので、
あの雰囲気が合わないって人はいるかもしれませんけどね。

さて、従来のゾークの魅力はそのまま保持しながら、
最先端のグラフィックとサウンドで表現しなおした…
そう聞くととても素晴らしい作品に思えてくるのですが、
難易度は自力クリアが困難なくらいに無駄に高いです。
難しさが面白さに繋がれば良いのですが、
どっちかと言うと理不尽な方向に傾いていたようにも思うわけでして。
それと本作は行動によって点数が表示されるのですが、
個人的にはこういうゲームで点数表示されるのは、
現実に戻されるようであまり好きではないです。

難易度が高いのと面白いのとはまた別な話で、
ここら辺はMYSTと比べるとはっきりと差がでるんですよね。
MYSTより評価が劣るのはそうした理由が大きいのですが、
それでも映像面等で十分すぎるほどに良くできていたわけで、
これはこれで名作と言って良いように思います。

ただ、やっぱり癖はかなり強いわけでして。
ADV慣れしていない人には、私は勧めようとは思わないです。
はまる人ははまるけど、
苦手な人も出てきやすいタイプの名作なのでしょう。
次の作品であるネメシスとかの方が万人受けしそうな内容ですし、
ゲーム全体としても高水準なのですが、
ネメシスやインクイジターはゲーム機とかに移植されなかったんですよね。
時期的な関係もあって本作だけが移植されたのでしょうが、
よりによって一番人を選びそうなのが、
一番多くの機種に移植されてしまったわけでして。
作品的には幸運でもシリーズ的には不運だったのではないかと、
今更ながらに思うんですよね。

ランク:A-(名作)

リターントゥゾーク

関連するタグ WIN /ADV /インタラクティブムービー /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/276-fdf8b2a7
| ホームへ戻る |