『女系家族 ~淫謀~』

『女系家族 ~淫謀~』

『女系家族 ~淫謀~』は2005年にWIN用として、
シルキーズから発売されました。

ゴージャスでセレブな雰囲気と、独特のシステムが特徴的な作品でしたね。

女系家族 ~淫謀~ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・今度の舞台は、とある地方の財産家一族。
大物政治家として絶対権力を持って君臨し続けていた一族の主人が亡くなり、
秘書見習いである主人公はその莫大な遺産と権力、
そして美しき女系家族を手に入れるべく、華麗な一族に擦り寄ってゆく……。
美と権力に上塗られたその本能は、
男を惑わす蜜芯と黒い欲望によって成り立っている。
甘いささやきは快楽へと続く花園か、それとも滅亡への入り口か……。

<グラフィック>


本作の原画は市川小紗さんで、デビュー当時の絵も今の絵も大好きなのですが、
一時期はそれ程でもない時期もありまして。
本作の絵も最初見た時には、あまり好きではなかったです。
可愛いわけでもなく、エロいわけでもないので、
一般的なアダルトゲームには合わないタイプの絵だと思いますしね。

ただ、本作は華麗なる一族を相手にした作品であり、
そのゴージャスかつセレブな女性陣たちの雰囲気を表現するという意味では、
エロゲの原画でこれ以上の物もなかったのかなと。
その点も考慮すると、グラフィック全般としては良好なのでしょう。

<ゲームデザイン>


本作は一般的にはノベルゲーになるのですが、少し変わっています。

以下、商品説明を引用します。
・箇条書きの形で表示される【選択肢】のない、
マルチエンディング・キーワード取捨選択型AVG!
ゲーム中、表示されるテキスト中にキーワードが散りばめられており、
そのキーワードを拾うことによってエンディングが分岐します。
場所の移動は、マップの移動箇所選択によって移動することができます。
一般的なAVGが「2択/3択」だとするなら、
本作は目に付いた手がかりを「気に留める/留めない」を選ぶことによって、
主人公の人生が変わっていくのです。
つまり、人生の分岐点を見逃してしまうもったいなさや、
危険を敢えて回避しスルーを選択する面白さをゲームに取り入れたわけです。

・コンプリートをサポートする「イベントフロー」
一度通ったシーンはブロックとしてフローチャートに追加されていきます。
イベントの見逃しがないか参考にすることも、もちろん可能です。
後戻りしたい場合は、ブロックを選択するだけでOK。繰り返しプレイが、
より快適に行えます。

・より親密な官能シーンを楽しむ「悪戯モード」
官能的なHシーンでは、よりリアルにHな悪戯をお楽しみいただけるよう、
「悪戯モード」を搭載!
女体上のカーソル位置に合わせ、全6種類のアイコンが出現しますので、
迷わずクリックし、貴方の悪戯で女性達の声&表情のイヤラシイ反応を、
おかず的に堪能してください

つまり、テキストの中に時々赤い文字が表示され、
その文字を気に留めるか留めないかで分岐するわけですね。
一般的な選択肢を廃したことは見た目のインパクトがあるかなって程度ですが、
2択により展開がすぐに変わりますので、
近年多い意味の感じられない選択肢よりも、
自らの選択で行動を決定しているという実感は得られます。
またフローチャートがあり、簡単に過去に戻れますからね。
セーブ不要で非常に便利でした。
シルキーズはエルフ系列なので、この辺はエルフっぽい感じですね。

尚、エルフっぽいという意味では、
画面クリックによる悪戯モードもそうなのだけれど、
これはオマケ程度に考えておいた方が良いです。

全体的に特別斬新であるとか面白いってわけでもないのですが、
従来のノベルゲーにアレンジを加えつつ、
そのアレンジはプレイヤーにとって便利で楽しめる方向に作用していますので、
ほとんどのユーザーには好意的に感じられるでしょう。

<ストーリー>


問題があるとすれば、ストーリーなのかな。

別に悪いってわけではないのですけどね。
アダルトゲームでは珍しいタイプの内容だと思いますし、
企画は良かったと思います。
部分的なテキストも良かったですしね。
だからある種の雰囲気ゲー的な感じで、普通には楽しめますし。

ただ、ちょっと駆け足気味で掘り下げ不足な感じであり、
あっさりと終わってしまいました。
題材が題材だけに、もっと濃厚でドロドロな展開でも良かったのにと思うわけで、
ちょっと肩すかし気味でした。

あ、あと、ガチホモいらね~ってw
普通のゲームに出てくるだけでも驚きなのに、
この作品だとイメージを壊しかねないですし、
好き嫌い以前に、この作品にとって不要だと思うのですが。

<感想・総合>


見所もあるし、途中までは面白かったのですが・・・
もう少し掘り下げていれば、凄く面白い作品になっていたでしょうに。
せっかく良い素材を集めたのに、何だか勿体なかったですね。

ランク:C(佳作)

女系家族 ~淫謀~ dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2751-aed3299e
| ホームへ戻る |