スレイヤーズ

スレイヤーズ

『スレイヤーズ』は1995年にPC-98用として、
バンプレストから発売されました。

ゲームジャンル:ダンジョンRPG
備考:FT アニメ

slay02.jpg

<感想>


ラノベの今日の形を作ったとも言える『スレイヤーズ』。
私も大ファンの一人だったわけですが、実はアニメから入りました。
なので原作自体はもっと古くからあるものの、
私がはまりだしたのも95年からだったりします。
そんな『スレイヤーズ』のゲームがあると知り、
興味を持ったのがこの作品でした。

さて、ゲームは一応ダンジョンRPGとなります。
このゲームはたぶんファンかそうでないかでも、
かなり印象が変わってくるんじゃないでしょうか。

まず、RPGには定番であるレベルの概念がありません。
ダンジョンに潜って戦闘を繰り返してっていう基本部分はRPGなのですが、
経験を積んで育てていく要素がないわけですね。
だから厳密なゲーム的概念で言えば、本当はRPGではなく、
戦闘のあるADVというのが正しいのかもしれません。

そういう意味ではゲームのRPG好きには不評でもしかたないのでしょうね。
ダンジョンのワープが複雑で大変というのもマイナスになりえますし。

でも、リナは最初からリナなのであり、
雑魚相手に苦戦しながらチマチマ経験値稼ぎってのは、
何かちょっと違うと思うのですよ。
雑魚は豪快に屠ってこそスレイヤーズって気もしますし。
そういう意味では、原作好きなら許せた設定でもありました。

まぁ、リナの胸がいつもよりやや大きめなのは、
嬉しいのかそうでないのか人によって分かれるようにも思いますけどねw
slay01.jpg

あとは、何と言っても温泉シーンでしょうね。
随所に温泉があって、そこでHPとMPを回復できるのですが、
そこで入浴シーンが見られたのです。
このゲームの醍醐味はここ・・・っていうか、
ゲームの印象=入浴シーンだったりもします。
slay03.jpg

<総合>


総合的には、原作の設定ならこのシステムもありだな~って許せたので、
個人的には良作としておきます。

でも、結構マゾゲーで人を選びますし、
何より普通のRPGとはちょっと異なりますからね。
システムに苦痛を感じたら佳作以下も十分ありますし、
ファンでなければ凡作に思われても仕方ないでしょう。
それくらい癖のある作品で、とても人には勧められないでしょうし、
ヘタレた今はもうプレイしたいとも思わないのですが、
当時は個人的には結構好きな作品でもありました。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト スレイヤーズ

関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

こんにちは~
そうそうこれこれ、スレイヤーズ大好きなんで
めちゃ期待してやったんですがゲームとしてはちょっとかな...
って、結局EDまではやりませんでしたね。
まぁ...自分がダンジョン系のRPGが極端に苦手、というのが
一番の理由なんですけどね...汗
でもファンとしては絵も綺麗なんで楽しめるかな。
好きなアニメじゃなければ難易度高めの完璧苦手系でした。
リナの胸、確かにでかすぎ...
でも、アニメとかみんなが言うほどぺったんこ?
って思ってたけど...
ナーガやアメリヤの方がデカすぎじゃないかって、笑
そもそも自分、ニュウキョウの方あまり好きじゃないので、恥

こんばんは、コメントありがとうございます。
ゲームとしてはRPGのセオリーともずれてますし、何よりマゾゲーでしたからね。
合わない人はどうしてもでてきてしまうでしょうね。
この頃は、個人的には最も高難易度に耐性のあった時期でマゾゲーも難なくプレイしていたので、それであまり気にならなかったのかも。
ヘタレた今だったらまず無理でしょうね。
スレイヤーズのアニメの世界は、胸の基準がおかしいですからね~
リナの大きさで普通な気がしますし、あれで十分ですよ。
ただ、このゲーム版は小説やアニメのより大きいわけで、これだと一般的には巨乳に含まれちゃうのではと思いながらプレイしていました。
あと、自分はアメリアまでならOKですが、ナーガの大きさはちょっと…って感じですかねw

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/275-5b2e3847
| ホームへ戻る |