『ALICE (PSK版)』

『ALICE (PSK版)』

『ALICE (PSK版)』は1984年にPC88用として、
PSKから発売されました。

炉利専門のPSKの第3弾となる作品でしたね。

alice88.jpg

<感想>


『ロリータ(野球拳)』『ロリータ2』に続く、
PSKの炉利ゲーの第3弾になります。

『ALICE』というタイトルの作品は、おそらく本作が最初なのでしょうが、
私は以前に91年にMACから発売された『Alice』の記事を書いていますので、
その区別の観点から(PSK版)と記載しました。
従って本作の正式タイトルは、『ALICE』だけとなります。

本作の発売された84年は一般もの
(と言ってもアダルトとの区別はなかったですが)のADVが豊富で、
ADVの第一次黄金期でした。

まぁ、私はコマンド入力式はそれ程好きではないので、
実はそれほど思い入れがあるわけでもないのですけどね。
それでも全ゲームに占めるADVの割合であるとか、
有名な作品の数であるとか、他の人の意見などから、
自分の好みを抜きにして客観的に判断すると、
間違いなく黄金期だったのだろうなということですね。

その年に発売された本作は、
PSKにとっても最も勢いのあった頃になるのでしょうか。
詳しい状況は知りませんが、アダルトゲームの定価が大体6800円とかで、
野球拳とかCG集もどきなんかは3000円程度だったはずですが、
本作は定価が8000円ですからね。
ディスク2枚組という気合の入りようから仕方ないとはいえ、
どことなく強気な姿勢も見えてきますよね。
因みに、次の『イエローレモン』は4800円で、
その後も高くても6800円だったので、本作が一番高い設定になっています。

さて、本作はタイトルからも分るように、
『不思議の国のアリス』をモチーフにした作品になります。
具体的には、バニーガールを追っかけて異世界に行ってしまうというもの。
一般のADVはファンタジーものも多かったけれど、
商業アダルトゲームで純粋なファンタジーは、これ以前にあったのかな?
それくらい珍しかったです。

異世界ということは言葉が異なるわけで、
この世界にあるJAWON文字を解読する必要がありました。
これはいろんな場所に刻まれているので、
あちこち調べて文字の対応関係を解読するわけです。

本作はコマンド入力式ADVなのだけれど、
言語を解読して打ち込むというのは、
コマンド選択式やノベルゲーでは実現しにくいだけに、
今振り返ってみると入力式らしい作品と言えるのかもしれません。

<総合>


個人的には、それ程好きな作品でもないのですが、
価格的にも構造的にも84年のアダルトゲームで大作と呼べるものは、
おそらくこれくらいなのかなということで、
総合でも良作としておきます。

ランク:B(良作)

ALICE

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2743-69252b2c
| ホームへ戻る |