『酷罪を受けるべき者』

『酷罪を受けるべき者』

『酷罪を受けるべき者』は2008年にWIN用として、
禁飼育から発売されました。

残虐かつ鬱なシナリオゲーですね。

酷罪を受けるべき者

<概要>


「いじめ」をする主人公、尾藤あゆりは、橋から突き落とされ、
異世界へと飛ばされてしまう。そしてその世界で生活する事となった・・・
ただ読むだけの選択肢無し、異世界ファンタジー残虐ノベル。

CG87枚。プレイ時間8時間前後。
性描写は男性向け。グロ描写有

<感想>


ゲームジャンルはノベル系ADV。
選択肢はなく、完全に読むだけの作品になります。

音声もなく、ライターと原画が同じこともあってか、
原画の方はあまり良くないですね。
本作はキャラの立ち絵を見せる場面ではテキスト欄を下部に配置し、
そうでない場面はテキストが画面全体を覆います。
この構造は良いと思うのですが、テキストが画面全体を覆っている時間、
つまりキャラが登場せずに背景に文字だけの時間が長いです。
演出面も乏しいですし、基本的に評価の対象になりえるのはシナリオだけかと。
だからシナリオさえよければ高得点、いやシナリオだけ良ければ高得点という、
シナリオ重視ならぬシナリオだけしか見ない的な人なら高得点にもなりえますが、
ある程度は全体も配慮する人だと、不満も出やすいかもしれません。

ストーリーは主人公が異世界に飛ばされてしまい、
身体能力は高めでありつつも普通の人間でしかないことから、
そこでの事件に次々に巻き込まれてしまうというものです。

シリアスで鬱な展開が続きつつ、残虐でグロい映像も出てきますので、
鬱ゲーとかグロが好きな人向けと言えるでしょう。

個人的にはグロ系の作品も結構プレイしているのだけれど、
自分の好きなのはエログロであって単なるグロではなく、
本作のようなエロさの伴わないグロは少し好みからずれる感じかなと。

まぁ個人の好みは関係ないとして、
本作の主人公は「いじめ」をすると概要にも書きましたが、
ゲーム序盤はその描写がなされます。
この現代でのいじめ部分から、異世界に飛ばされてしばらくの間、
つまりゲームの前半部分が、どうにも単調で退屈だったわけで。
上記のようにシナリオしか見る部分のない作品だけに、
他でカバーすることができないことから、
余計にもそう感じてしまった感じですね。
鬱で重い作品は好みなのだけれど、ぶれるところもあって、
必ずしもストーリーが良いとは言えないわけで、
全体の流れというのではなく、
個々のシーンのテキスト・演出のインパクトが第一の作品であり、
つまりはストーリー重視ではなくシナリオ重視の作品なんでしょうね。

<総合>


上記のようにシナリオだけの作品という印象で、
ゲームをやっているというより小説を読んでいるような作品でした。
個々のシーンに見所はあるし、終盤の勢いは良作に相当するものの、
楽しいと感じられるまでにも時間がかかりましたし、
全体的にもさほどインパクトはなかったのかなと。
そのため、どうしても評価は辛めになってしまいます。

ただ、私はシナリオゲーとか抜きゲーとかって、
何でもかんでも無理に二つに分ける最近の風潮は嫌いなのだけど、
あえてグロい作品をどちらかに分けるとすれば、
今のグロゲーはほとんど抜きゲーに分類されてしまうのでしょう。
昔は陵辱とか重い作品でもシナリオ重視ってのもあったけれど、
そしてそれらは90年代後半にはダーク系と呼ばれていたのだけれど、
ゼロ年代に入ってからは絶滅に近くなりましたからね。
だからダーク系って言葉も、死語のように全く聞かなくなりましたし。
本作はグロ描写がある作品ではあるものの、
抜きゲーではなくシナリオ重視ゲーであり、
昔ならダーク系と呼ばれた作品なのでしょう。
この路線は、今は本当に貴重なわけでして。
その意味で、今では存在自体に意味のある作品でもあり、
この手のジャンルが好きな人で未プレイならば、
検討の余地のある作品だと思いますね。

ランク:C-(佳作)

酷罪を受けるべき者

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2008」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2739-45f5b03f
| ホームへ戻る |