映画監督物語

映画監督物語

『映画監督物語』は1997年にwin用として、
KSSから発売されました。

ゲームジャンル:映画制作SLG+ADV

eiga01.jpg

システムは映画制作SLG+ADV。
映画を制作するSLGパートと、
映画作りに必要な人材を集めるADVパートから成り立っていました。

本作のことを知らない人でも、
もしかしたらこの時点でピンと来る人もいるかと思います。
本作はあの大傑作『ようこそシネマハウスへ』の制作メンバーが、
win用の一般向けゲームとして作った作品だったのです。

そういうわけですので、
ゲームの基本的な流れはシネマハウスと同様です。
街を徘徊して人材を募り、
集まったメンバーらと共に映画作りをするのです。
とはいえ、単にHシーンがなくなっただけでなく、
他にも違いはあります。

まずSLG部分ですが、
この部分はシネマハウスよりかなり細かく設定が出来るようになりました。
シネマハウスの映画制作部分はかなり簡略的でオマケに近い形でした。
あくまでもメインはADVで、
それにちょっとした映画制作パートが導入されてるって感じですね。
そのため、私はシネマハウスをADVと分類しています。
しかし、本作ではSLG部分がかなり強まりましたので、
一見同じようなシステムでも、プレイ感覚はかなり異なるのです。

他方のADV部分。
シネマハウスはこの部分が良く出来ていたことから、
評判が良かったと言えるでしょう。
惑星パライソという架空の世界が舞台だったシネマハウスとは異なり、
本作は新宿や高田馬場といった現実の世界が舞台となります。
舞台は身近になりましたが、
残念ながらテキストやキャラは薄くなってしまいました。
個性的なメンバーが多かった前作とは異なり、
今回は没個性的なんですよね。

これは意図的にそうした感じですので、
ADV寄りだった前作から方針転換し、あえてSLG寄りにさせたのでしょう。
今で言うならば、シムズであるとかムービーズ路線を目指したのでしょうね。

その点をどう判断するのか。
もちろんSLG好きな人の中には、
前作より本作の方が良いという人もいるでしょう。
映像制作部分は間違いなく細かくなっていますからね。

しかし、前作の最大のウリであるADV部分は弱まり、
もはや長所とは呼べなくなりました。
その分SLG部分は強まりましたが、
それはあくまでも前作と比べての話です。
このSLG部分に関しては、
こだわりたい人は同じ年の『ディレクターズチェア』や、
『3Dムービーメーカー』の方が楽しめたでしょう。
すなわち、本作には他のゲームに負けない明確な長所がないのです。
決して悪くはないし普通には楽しめるけれども、
特に印象に残る要素もない、そんな作品になってしまいました。

そういうわけで個人的には佳作となったわけですが、
少しは映像制作にこだわりたい、
でも無味乾燥なツールっぽいのは嫌って人もいるでしょうし、
これはこれでツボにはまれば楽しめるのではないでしょうか。

ランク:C-(佳作)

Win3.1/95 CDソフト 映画監督物語

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/273-e946b63c
| ホームへ戻る |