『帝国千戦記』

『帝国千戦記』

『帝国千戦記』は2004年にWIN用として、
郎猫儿(ランマール)から発売されました。

ストーリー・ボリューム共に圧巻であり、
ゼロ年代前半を代表するBLゲーの中の一つでした。

帝国千戦記ツインパック

<概要>


ゲームジャンルは、詳しくは後で。
一応ADVとされることが多いので、ADV扱いでも良いのかなと。

あらすじ・・・ある巨大な帝国が滅びた。
時代がうねりを上げ、動き始めた。
各地の豪族たちは、一斉に統一国家を目指し、兵を挙げ、猛進した。
紅蓮の炎のごとく大地は焼かれ、水は枯れ、
人々はなすすべもなく時代の波に呑まれていった。
やがて、強大な権力を持つ三つの一族たちが、帝国を三分し、
それぞれの国を、統治することとなった。
今回の物語は、その中のまだ名もない、生まれたばかりの一つの国の話。
神童と呼ばれた青年が、歴史を変えた帝国千戦記。

<感想>


本作は女性向けの、いわゆるBLゲームになります。
本作は単独では一般向けなのですが、
追加ディスクを入れることにより18禁になります。
エロ要素はアペンドで追加というのは、
男性向けでは今でも非常に少ないですが、
女性向けではわりと普通にありますよね。
まぁ、それが良いのか悪いのかは一概には言えないのでしょうが。
尚、現在では最初から2本が一緒になった、
「ツインパック」も発売されています。

私はBLゲーというと、原画に関しては由良さんがまっ先に浮かぶのですが、
ここ5年では『華アワセシリーズ』(乙女ゲー)が代表作になるだろうし、
ゼロ年代後半では『ラッキードッグ1』があります。
そしてゼロ年代前半では、やっぱりこの『帝国千戦記』となるのでしょう。
まぁ個人的に初めて見た時のインパクトでは『冤罪』なのだけれど、
作品として考えた場合の代表作は本作なのだろうなと。
そして原画の初期の代表作というだけでなく、
人によってはBLゲーの最高傑作に感じるでしょうし。
私は世間の評判ほどには高く評価してないように思いますが、
それでもゼロ年代前半のBLゲーでは5本の指に入ります。

さて、その本作の魅力なのですが、
まずはストーリー及びそのボリュームが挙げられます。
本作は物語的には戦記ものになり、メインストーリーも壮大で面白いのですが、
キャラが多く分岐やエピソードが多くて、ボリュームも非常に多くてね。
ゲームシステム面もあわせて考えると、
男性向けで例えるなら・・・『大悪司』みたいな感じでしょうか。
周りがノベルゲーだらけという状況の中で、
ゲーム性を有しつつもノベルゲーを超える圧倒的ボリュームのシナリオもあり、
存在自体に圧倒されるという感じなものですから。
おいおい、これフルコンプできるのかという、嬉しい悲鳴が出てくるタイプで、
こういうのは今でも女性向けでは非常に少ないでしょう。

そのスケールの大きさと並び大きな特徴と言えるのが由良さんの絵で、
一枚絵の出来は非常に良かったですね。
ただ、開発期間が長かったからか、
絵によって少し異なって見えるキャラもいましたが。
なので、一枚だけ見ると違和感はないのだけれど、
複数のCGを比べると、あれって思うところはありました。
それと、テキスト欄脇に顔CGが出るのは良いのですが、
そこで完結してしまって、立ち絵の動きも乏しいこともあり、
少しもの足りなく思うことも。
まぁ、本作をRPGやSLGと捉えるのなら、これでも構わないのでしょうが、
ADVと考えた場合には不満に感じやすいってところですね。

じゃあ、本作のジャンルは何なのかですが、基本はノベルゲーなんですよね。
ただ、ノベルゲーとして読むだけではなく、
合間に部隊を編成して戦闘をするパートが挟まるわけでして。
シナリオを進めるのと戦闘が交互に繰り返されますので、
戦術SLGとかRPGって思う人がいても何ら不思議ではないです。
むしろ、これをADVと言う方が少し無理があるくらいでしょう。
とは言うものの、戦闘は回数こそ多いものの、システム的にはシンプルだし、
難易度も高くないですからね。
ガッツリとゲームを楽しみたいって人向けの構造ではなく、
ストーリーのアクセントとして機能する方が強いので、
特殊ではあるけれどADVって考えた方が楽しみやすいのかなと。
戦術SLGって言うと躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、
純粋なノベルゲー以外は駄目って人を除けば、
まず誰でも楽しめる作品だと思いますね。

<総合>


上記のように、ところどころで気になる点がありまして。
それで個人的な評価は少しからめになっています。

でも、それでも、ストーリーが良くて、キャラもサブエピソードも豊富で、
多くの分岐と合間に挟まれる戦闘によりゲーム性もあり、
イベントCGも良い上にボリュームも群を抜いているわけですからね。
全体では名作であることは疑う余地もないですし、
本作をBLゲーの最高傑作という人がいても、何ら不思議でないですよね。
本当に、よく作ったものですよ。
間違いなく、この時期を代表するBLゲーの一つでしょうね。

ランク:A-(名作)

帝国千戦記ツインパック

帝国千戦記[初回限定版]

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2004」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2712-bf831cd5
| ホームへ戻る |