『突撃! ばっこんストリート』

『突撃! ばっこんストリート』

『突撃! ばっこんストリート』は1993年にPC98用として、
JASTから発売されました。

幼稚園児らしき女の子とのHがあることでも有名な作品でしたね。

totugeki01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはスゴロクナンパゲーになります。

つまりスゴロクで街の中を移動し、
花屋さんであるとか、看護婦さんをナンパするのです。
そして、より多くの女性をナンパした人が勝ちになります。

<感想>


スゴロクナンパゲーってのは、今はもうほとんど見かけないように思います。
探せば同人に少しはあるかもしれないって程度なのでしょう。
アダルトゲームを他人と一緒にプレイという状況が私には理解できないので、
そもそもアダルトゲームのボードゲームの需要がどれほどあったか不明ですが、
PC98時代は少なからず存在しました。

もっとも、確かにスゴロクしながらナンパないし恋愛というと、
何だか意味不明に聞えるかもしれませんが、
少し発想を変えてADVのようにガチガチに固定されているのではなく、
多少のランダム性・不確定要素を交えながら恋愛・ナンパを楽しむわけですから、
実は雰囲気的には恋愛SLGとそんなに違わないのかなと思ったりも。

まぁ、ゲーム部分は飽きさせないためのオマケのようなものであり、
たぶんユーザーの一番の目当てはグラフィックだったのかなと思います。
少なくとも私は、キャラの可愛さに魅力を感じたわけですし。

そのキャラについてですが、非常に多くのヒロインが登場し、
もちろん中には年上キャラもいたのですが、
「ゆんゆん」という幼稚園児にしか見えない言動の娘がいまして。
これは炉利好きには、たまらなかったでしょうね。
(一枚絵の方は可愛いのですが、立ち絵はちょっと微妙に思いましたが)

そもそも、これが出たということ自体が、一つの挑戦だったでしょうに。
というのも、91年に、いわゆる「沙織事件」が発生し、
92年にソフ倫が発足します。
事件の名前から、『沙織』という作品が盗まれたことは有名なのですが、
厳密には他の作品も盗まれていまして。
その中にジャストの作品もあったことから、
ジャストも目を付けられていたはずなんですね。
実際、ジャストは『天使たちの午後3番外編 反省版』といった感じで、
エロを薄くした反省版を発売していますし。
だから幼児が攻略対象なんて作品は、
92年だったら発売自体が無理だったんじゃないかと思います。

でも、喉元過ぎれば~ってやつで、92年の反動もあったのか、
93年に入ると各ブランドが過激な作品を作るようになります。
ジャストも反省版なんて出した後での本作発売ですからね。
考えてみれば、よく出したものです。

本作で、ある意味吹っ切れたから、
翌年に『スーパーウルトラむっちんぷりぷりサイボーグマリリンDX』なんて、
ぶっとんだ作品を出せたのでしょうね。

<総合>


作品としては可愛いキャラで適度に楽しめるので、
全体としても普通に楽しめるってところでしょうか。

そして炉利好きであれば更にプラスになるし、
時代背景的な部分も加味すれば更にプラスになりえるってところなのでしょう。
総合では佳作としてありますが、
時代背景的な側面を重視するならば良作扱いでも良いのかもしれません。

ジャストというと80年代から続く「天使たちの午後シリーズ」が有名で、
そっちにばかり目がいきがちなんですけどね。
PC98になってからは天使の午後シリーズ以外の作品の方が良かったし、
90年代半ばに、もう一度はじけた時期があり、
その時期の作品の一つとして興味深い作品でしたね。

ランク:C(佳作)

中古PC-9801 3.5インチソフト突撃!ばっこんストリート

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2708-30120b3b
| ホームへ戻る |