『絶対服従命令 ABSOLUT GEHORSAM BEFEHL』

『絶対服従命令 ABSOLUT GEHORSAM BEFEHL』

『絶対服従命令 ABSOLUT GEHORSAM BEFEHL』は2005年にWIN用として、
郎猫儿(ランマール)から発売されました。

タイトルのインパクトが目立ちがちなのだけれど、
システム的にも変わった作品でしたね。

絶対服従命令

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・軍服に身を包んだW主人公がユーザー好みのキャラを、
次々に落とし服従させていく、ボーイズでは珍しい主人公攻めゲーム!
かといって、受けは可愛らしいかというと そうではなく、
いわゆる攻め×攻めが楽しめるオトナのあなたに送る
オトナの女のボーイズラブゲームです!

<感想>


本作は女性向けの、いわゆる18禁BLゲームになります。

本作には主人公が二人いて、どちらかを選んだ後に、
今度はどの依頼を受けるかを選択します。
各依頼ごとに独立した物語が用意されているので、
本作はショートストーリーの集合体であるとか、
オムニバスのような雰囲気の作品となります。

ただ、通常のオムニバス作品と異なるのは、
各シナリオは依頼を受けるという建前であり、
その依頼には期限があるということです。
あるシナリオを選択して解決して戻ってくると、
もう別のシナリオは期限切れでクリア不可という事態も普通に生じます。

例えば『不確定世界の探偵紳士』でも、複数の事件を同時進行したり、
任意のタイミングで依頼を受けることができます。
しかし、結局は全部のシナリオを読んで欲しいという思惑の方が強いのか、
普通にプレイしていれば全シナリオを楽しめちゃいました。
そのため逆に言うならば、
依頼を受けるタイミングを真剣に考える必要もなかったのです。

そうした作品と比べると、本作は潔い構造でして。
普通にプレイしていれば、ポコポコとクリア不能な案件が出てくるので、
どのタイミングでどの依頼を受けるのか、真剣に考えなければなりません。

ゲームとしての作り込みは甘いと思うのですが、
ノベルゲーとしては珍しいタイプの作品ですので、
新鮮な気持ちで楽しむことはできるでしょう。

問題は、それ以外の部分となるでしょうか。
鬼畜であるとか、攻めX攻めという印象を受ける作品なのだけれど、
シナリオは結構コメディ要素も強めです。
上述のように実質的にはショートストーリーの集合体なので、
一つ一つのシナリオのボリュームは少なく、
そのために、もの足りなさを感じるものも多いのかなと。

グラフィックは由良さんで、
一般的に考えれば良いと思うのだけれど、
由良さんの作品としては他の作品の方が良いのかなと思います。
その意味で、必ずしも満足度も高くないと言えるでしょう。

<総合>


総合では難しいですね。
一応、ここでは佳作としておきます。
一本の濃密なストーリーを楽しみたい人には向かないし、
その意味で人を選ぶ面は否めないのでしょう。

ただ、他のBLゲーと明らかに毛色の異なる作品ですからね。
一杯ゲームをやっている人の方が逆に、
ちょっとした気分転換も含めて楽しめるように思います。
他の作品も進めつつ合間に気軽にちょこちょこっと進めていくならば、
下手な良作よりも楽しめる可能性は十分にあるでしょう。

従って本命として購入するには適してるとは言い切れないですが、
もし何本か一緒に購入しようと考えているならば、
2本目にはどうぞこれをと言いたくなるような類の作品でしたね。

ランク:C(佳作)

絶対服従命令

CDソフト絶対服従命令

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2707-c351732e
| ホームへ戻る |