『‘&’ -空の向こうで咲きますように-』

『‘&’ -空の向こうで咲きますように-』

『‘&’ -空の向こうで咲きますように-』は2012年にWIN用として、
暁WORKSから発売されました。

麗の「うはは、うはは」が妙にツボにはまった作品でした。

‘&’ -空の向こうで咲きますように-

<ストーリー・キャラ>


あらすじだけでも記載しておこうかと思ったけれど、長いので今回はパス。
本作は「新ノスタルジー冒険活劇ADV」となっており、
このテーマのもと、いつもの「るい智チーム」のノリで仕上げた作品ですね。

ここの作品は、私はテキストが合うのでいつも楽しめるのですが、
どうも一般的には好き嫌い分かれるようですからね。
このブランドの作品が全くの未プレイという人は、
体験版で様子を見てからの方が良いのでしょうね。

もっともライターの癖のようなものは今回は薄めなので、
「るい智チーム」の作品としては比較的万人向けであり、
入門作としても良いのでしょう。
ブランドの代表作を挙げろと言われれば、
ライターのファンなら『るいは智を呼ぶ』で異論はないのだろうけれど、
逆に『るい智』が合わなかった人でも、本作は楽しめる可能性も高いと思います。

楽しめる人が増え、間口が広がったのは確かなのですが、
それでもキャラは変人ばかりでして。
一番癖の強そうなメインヒロインの麗の、「うはは、うはは」が、
個人的には何だか妙にツボにきました。
麗の笑い声を聞く度に、やっぱり好き嫌い分かれるのかなと思いつつも、
個人的には楽しかったです。

ただ、本作は基本となる物語があり、
それに沿ってキャラが動くという構造であり、
キャラに従属した物語を楽しむ作品ではないんですね。
だからキャラごとの恋愛要素は薄めになっています。
過度に恋愛に偏らないのは、私にはむしろ良かったのだけれど、
逆にヒロインとの恋愛要素を第一に求める人には、
少しもの足りなく感じるかもしれませんね。

他方で本作はキャラ重視ではなくストーリー重視なのだから、
ストーリーさえ良ければ文句も生まれなかったのでしょうが、
そのストーリーも『るい智』のようなパンチに欠けているわけでして。

結局、過去作よりも幅広い層が楽しめるようになりつつも、
逆にこういう層が凄くはまるだろうっていう、
明確なアピールポイントもないのです。
従って私のような「うはは、うはは」がツボったような人を除けば、
何となく帯に短し襷に長しといった中途半端な印象を抱く人も、
それなりに予想できてしまう作品なのでしょう。

<ゲームデザイン・システム>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

本作は演出面やシステム周りなど、
ノベルゲー全般に共通する部分も優れているのだけれど、
他所のノベルゲーにない機能として、
「冒険MAP」「冒険実績」「冒険記録」があります。

「冒険記録」は写真(CG)を音声で解説してくれるもので、
こういう発想は女性向けゲームには幾つか見かけるものの、
男性向けゲームにはあまり見かけません。

「冒険実績」はCSのトロフィーとか、そういう類のものですね。
こういうのもsteamやCSやカジュアルゲームでは今では普及しているものの、
アダルトゲームではあまり見かけないものです。

ところで、「冒険MAP」は本作のような冒険ものには効果的に機能しますが、
ジャンルによっては不要なものでもあるのでしょう。
他方で「冒険実績」や「冒険記録」は、
他のゲームでもアレンジして利用できそうです。
これらの機能は、もちろん凄く良かったと感じた人もいるでしょうが、
中には要らないよって思った人もいるかもしれません。
実際、私自身も「冒険記録」の方は良かったなと思えたのですが、
「冒険実績」のようなものには、あまり魅力を感じませんでした。
じゃあ、自分が魅力を感じなかったから削れば良いのかというと、
決してそうは思いません。
自分にとって誰得と思えそうなものでも、
価値観の異なる人には魅力的に感じることもありますからね。

この辺は、アダルトゲーム業界の一番悪いところでもありまして。
ゼロ年代に入ってから、自分の価値観と異なるものを、
徹底的に排除する流れになっていきました。
あれを削り、これを削りと、そうして出来上がったのが、
現在のエロゲ市場なのでしょうし。
余計なものを削除したり住み分けたりすることで、
一部の人には良かったのでしょうが、
他方で現状に適合しない人は去るしかない市場になってしまいました。
だから市場規模が小さくなっていく一方なのですよ。

本作の機能の全てが上手く活用されているとは言い切れないし、
人によっては意義を感じられないものもあるでしょうが、
こういう機能が標準化されることで、
そこに価値を見出せる新規層が入ってくることもありうるのでしょう。
なので個人的には、本作の有する各種システムが、
他所の作品にも浸透していけばなと思いますね。

<感想・総合>


長所も短所もいろいろある作品でしたが、
基本的には内容面だけなら良作と佳作の間で悩んだのだろうなと。
ただ、システム面でのプラスが若干ありますので、
総合でも良作ってところでしょうか。

同じ良作でも「るい智」には及ばないなと思ったものの、
このチームの作品の中では「るい智」に次くらいには好きな作品でした。

最後に余談ですが、ユーザーなんて何をきっかけに増えるか分らないですからね。
私は年数的にも本数的にも平均的なアダルトゲーマーより多い方だと思うけれど、
大ヒットした作品で単一の理由でヒットした作品はないと思っています。
信者は自分の好きな特定の要素をヒット要因にしたがるけれど、
売れないのに信者だけいる作品は本当にその特定要素しか魅力がないのに対し、
売れている作品は信者が推す要素以外にも複数の魅力がありますから。
いろんな価値観の人が買うから、売り上げも伸びるのです。
「冒険実績」とかを、もっとアダルトゲーム的にアレンジし、
更に発展させるていくことができたならば、
興味を持つ新規ユーザーも少しずつ増えるんじゃないかなと、
プレイしていてそんなことも考えた作品でした。

ランク:B-(良作)

‘&’ -空の向こうで咲きますように-

アンド

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2012」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2704-16374f63
| ホームへ戻る |