『女王蜂の王房 輝夜編』

『女王蜂の王房 輝夜編』

『女王蜂の王房 輝夜編』は2014年にWIN用として、
PUREWOOLから発売されました。

18禁乙女ゲームの中でも意欲作であり、
気高く強くあろうとする主人公の輝夜が好きな作品でした。

jooukaguya.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・ヒトを支配し、喰らい、数百年の寿命を保つ【蜂】。
天空にそびえたつその【巣】を維持する、我ら蜂の礎となれ――。

王位継承者である主人公・輝夜は数年前、崖から落ちて死んだ
――とされていた。
実際には彼女は生きていた。
女王に声をかけられなかったオス達の憂さ晴らしとして、今夜も陵辱され続ける。
悲劇的なことにそれは周知の事実だった。
母たる女王もそれが娘の果たす責務だと、そう考えていたのかもしれない。
しかし時は満ちた。
女王の死期が近づき、輝夜は頭上にそびえる王城へ反旗を翻す。
女王にふさわしきは、輝夜か、あるいはめのうか。
輝夜にふさわしきはその血か、許しか。
愛と憎悪の狭間で輝夜は苦しむことになる。
ヒト、蜂、女王の思惑が交錯する中、血塗られた歴史の上に、
ひとりの少女の物語が開幕する――!

<ストーリー>


本作は女性向けの、いわゆる18禁乙女ゲームになります。
女王蜂の王房には「めのう編」と「輝夜編」の2作があり、
同一時間軸上の物語を、それぞれの視点から描いた作品となります。

ストーリーとしては、片方だけでのプレイでも話が通じますし、
両方プレイする場合にも、どちらからでも大丈夫なように一応なっています。
もっとも、先に発売された「めのう編」が基礎にあり、
「輝夜編」はその補完ないし裏側といった感じでもありますので、
できれば「めのう編」からプレイした方が良いのかなと。
また本作の主人公である輝夜にしても、
「めのう編」をプレイした後の方が魅力的に感じられると思うので、
「輝夜編」を心底楽しむという観点からも、
「めのう編」を先にプレイして欲しいように思います。

さて、「めのう編」の主人公であった「めのう」のライバルであり、
そもそもそれ以前に「めのう」のずっと憧れの存在でもあった「輝夜」。
本作では、その輝夜が主人公となり、彼女の視点で描かれます。
めのう編での輝夜は強くて凛々しい女性として振る舞っており、
めのうの視点からはオールマイティな存在として捉えられています。
しかし実際の輝夜は、決して常に完璧な存在ではありませんでした。
幼き日に下界に落とされ、人間や雄蜂らの慰み者として陵辱され続け、
一番の底辺からまた這い上がってきたのです。

そもそも、これはめのう編の感想でも書いたのだけれど、
本作にはプロット・設定に少し難がありまして。
それで本来なら長所になりえそうなはずの独特の世界設定も、
長所になりえないという惜しい側面もあります。
そのため、きちんと整合性のとれた設定でないと駄目っていう人には、
このシリーズは合わないかもしれません。
プロットにおけるマイナスは理解した上で、その設定の中で、
どん底の現状から抜け出そうと懸命にもがく輝夜の姿、
生きるために強く気高く猛々しくあろうとする輝夜の物語としては、
個人的には良かったなと思うわけでして。
時にはSっぽく、時にはMっぽくと、
様々な表情を見せつつ懸命に生きようとする輝夜が、たまらなく好きでした。
つまり本作は、プロットは悪いけれどストーリーは良いというパターンですね。

本作には、結構暴力的なシーンが多いです。
っていうか、攻略対象が変態ばかりだしw
皇樹のような、マジキチもいますしね。
本作は乙女ゲーとされているのだけれど、確かに女性向けの作品ではあるものの、
乙女ゲーと言うのはどうかと思うわけでして。
だって乙女ゲーというと、女の子の主人公が男性キャラと恋愛に陥るもので、
当然素敵な男性を望むユーザーが多いわけでしょ。
それなのに、マジキチやら方向性の異なるマゾ2人やら、
ハッキリ言って全然まともなのいないし。
自分が輝夜になって誰か選べと言われても、
それはちょっと勘弁してよって思ってしまいます。
まぁそういう作品なので、普通の乙女ゲーを求める人に合うわけがなく、
その意味で人を選んでしまうのでしょう。
そんな変態の中でも突出しているのが皇樹で、
シーンによっては輝夜の子宮を抉り取ってしまいます。
従って本作は、鬱・リョナ・グロに耐性がないと駄目な作品なのです。

そしてここからが肝心なのですが、
本作にあるグロCGは確かに乙女ゲーとしては過激なのですが、
CG単独では男性向けのハードなグロCGほどではないのです。
じゃあ、物足りないのかというと、結論は反対なんですね。
グロCGって言っても、今は検索かければすぐに何枚も見つかる時代です。
単なるグロ画像とゲーム内のCGが異なる点、
そしてゲームCGの方が優位に立てる点があるとするならば、
それはそのCGを見るまでにストーリーがあり、
一枚の画像にストーリーによる重みを増すことができるところにあります。
しかし近年の男性向け作品の場合、
そのCGを見せるまでの描写が薄っぺらいものばかりでして。
これグロいだろ、凄いだろ、インパクトがあるだろと、
CGを見せることだけが目的になってしまっていて、
CGに描かれたもの以上の重みを感じられないのです。
だから近年のグロ描写のある作品に対し、
私は厳しめに語ることが多くなってしまっていたのです。
本作は、そのグロCGのインパクトそのものよりも、
そのCGを通して伝わってくるキャラの内面、
即ち、そんな行為をするキャラの心理・存在の方が強烈であり、
単なる一枚のCG以上の重みを感じるのです。
こういう気持ちになれる作品は、近年では本当に久しぶりですね。
だから私は、その点を高く評価するのだけれど、
言い換えれば一つ一つの鬼畜行為よりも、
皇樹の存在そのものの方がやべぇよって話になるわけで。
だからキャラに感情移入ないし自分が理解できるかという観点で考える人だと、
何このマジキチわけわからんとなり、否定的になるのでしょうね。
もっとも、私は暴力は嫌いなので他人に暴力こそふるいませんが、
皇樹の気持ち自体は凄く共感できるように思ってしまいますが。
うん、たぶん、人に言ったらドン引きされそうですけどねw

ところで本作は乙女ゲームなので、
女性である主人公と男性キャラが結ばれるのですが、
実は、めのうにとって一番大事なのは輝夜だし、
輝夜にとって一番大事なのも、めのうなんですよね。
百合ENDがあるならば、それこそが一番ハッピーエンドだったようにすら思います。
実際の本作には百合ENDこそないものの、
ゲーム内で二人が抱き合って分かり合うシーンは凄く良かったですし、
そのちょっとした百合妄想を抱かせる要素は、
女性ユーザーに喜ばれるのかは分かりませんが、
少なくとも個人的には嬉しかったですね。

<グラフィック・システム・サウンド>


大雑把な印象は、めのう編と同じですね。
乙女ゲーとしては珍しく、痛々しいグロいCGがあります。
もっとも、上記のようにCGそのものがきついというよりも、
そのCGを通して伝わってくるキャラの怖さの方が、
強い印象を与えてくるように思いますが。

それと、めのう編に続き、こちらもOPが良かったですね。
めのう編のOPは初見のインパクトが凄かったけれど、
こちらはじわじわと見る度に好きになっていく感じです。

サウンドというか、音声の話になりますが、
変態キャラが多いからでしょうか。
何だか絶叫が多かったようなw
声優さんも大変だな~と、こういう作品をやるたびに思ってしまいます。

コンフィグ等のシステム周りも、非常に良好です。
これは「めのう編」でも書いたのですが、
CGとかエロシーンとか、システム周りの方向性であるとか、
全体的に男性向けのアダルトゲームっぽい雰囲気でして。
正確なところは知らないのだけれど、
本作のバックボーンは女性向けのゲームではなく、
むしろ男性向けアダルトゲームのように思います。
そのため、その男性向け臭さに抵抗や違和感がある女性プレイヤーも、
少なからずいるように思いますし。
もっとも逆に、男性プレイヤーは違和感なく入っていけるのではないでしょうか。
男性向けでも、女性主人公のダーク系作品ってありますし、
その雰囲気と本作は似ていますからね。

<感想・総合>


プロットの一部に難があることは「めのう編」の段階で分っていたので、
一体どうなることやらとも思いましたが、
「めのう編」だけでなく「輝夜編」までプレイして、本当に良かったです。

2本分割と言うと良くないイメージを抱く人もいるかもしれないけれど、
このシリーズはミドルプライスであり、
両方買って普通のフルプライス作品1本分のようなものですからね。
できるだけ、こちらもプレイしてもらいたいものです。

プロット以外の部分は、どこも長所と呼べるくらいに良い作品ですし、
トータルで考えるならば、十分名作と呼べるのでしょう。
皇樹ら男性キャラは、この年一番インパクトがありましたし、
主人公輝夜は、この年で一番好きなヒロインであり、
粗もあるけど、全体としては非常に印象深い作品でしたね。

ランク:A(名作)

女王蜂の王房 輝夜編

DVDソフト女王蜂の王房 輝夜編

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2696-ce953fcd
| ホームへ戻る |