『NOISE -voice of snow-』

『NOISE -voice of snow-』

『NOISE -voice of snow-』は2011年にWIN用として、
Operettaから発売されました。

『越えざるは紅い花』が面白かったことから、プレイした作品でした。

NOISE -voice of snow-

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・王政崩壊後、闇組織が幅をきかせている歪んだ国――ネフィル。
一年の大半が雪で覆われている別名“白の国”とも言われるこの国で、
主人公は孤児院の皆と共に懸命に生きていた。
だが十七歳の誕生日を迎えた日、つつましやかだけれど幸せな日々は、
突如打ち砕かれてしまう。
しかも絶望に負けそうになった主人公を救ったのは、
なんとネフィル一の勢力を誇る闇組織の首領で……。

選ぶのは、見守る光の道か、血に染まる闇の道か――主人公の選択が始まる。

<感想>


本作は女性向けの、いわゆる乙女ゲームになります。
尚、18禁ではなく、一般向けの作品です。

これはね、私の普段のアンテナからは、どうしても漏れやすいです。
PCの乙女ゲーで、しかも一般向けですから。
いや、それだけなら他にもあるので大したことではないのですが、
私の場合、似たタイトルの作品が他にある場合、
どうも無意識のうちに敬遠してしまう傾向があることから、
NOISEってタイトルの段階でスルーしてしまうのです。
まぁ、そんなのお前だけだよって言われそうですけどね。
そのため発売直後には知らなかったのですが、
翌2012年に『越えざるは紅い花』が発売されて、
それが非常に面白かったわけでして。
それでライターが同じである本作に興味を持ったわけです。

ライターの合う合わないは人によって異なるので、
決して一般化はできないのでしょうけどね。
少なくとも私にはライターである松竹梅さんの作品は凄く合うようでして。
今作においてもキャラの会話もとても楽しかったし、
世界観も好きで、雰囲気の良い作品に感じました。

そもそも私は、女の子が異世界に放り出され、
右も左も分らない世界で懸命に頑張るという類の作品が好きで、
そういう類の少女漫画も好んで読んでいたりします。
本作は異世界に放り出されるわけではないですが、
ファンタジー世界を舞台としつつ、ある日突然売り払われて、
全く未知の状況に置かれてしまうわけで、大雑把な傾向としては似ているのです。
それでいて松竹梅さんの描く世界観やキャラが合うわけですから、
まぁある意味楽しめて当然なのでしょう。
また少しダークな世界観であり、それでいて笑える展開もありつつ、
多数のキャラの人間関係が入り混じるわけで、
そういう点からも好みの作品なのです。

一般的にはシナリオゲーと呼ばれそうなストーリー重視の作品ですが、
グラフィックやシステム面も問題ないです。
また男性向けだとシナリオゲーのEND数は少なくなってきていますが、
本作は30近いENDがありますので、
ゲームとしてある程度の分岐を求める人も楽しめるでしょう。

<総合>


というわけで、主観的には非常に好きですし、
主観面だけで判断するなら名作と言えるのでしょう。
ただ、本作ならではと断言できる要素が弱いかなということで、
総合では良作としておきます。

まぁ、その本作ならではというのを想定して作られたのが、
おそらくEND0なのでしょうが・・・
これって、たぶん否定的な人の方が多いのではないかと。
この点を以てマイナスに評価することもしませんでしたが、
個人的にはなかった方が良いと思いましたし。
本作の世界観が好きで浸っていた人ほど、
ぶち壊しに感じて興醒めしかねないですからね。

そのため一概にストーリーが良いと言い切れない部分もありますし、
とにかく本作をプレイして欲しいとまでは言わないですけどね。
まずは『越えざるは紅い花』が未プレイならそちらを先にプレイして、
面白いなと感じられたならば、本作をプレイしても満足できると思いますね。

ランク:B(良作)

NOISE -voice of snow-

Noise -voice of snow-[初回限定版]

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2011」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2690-5cbc5422
| ホームへ戻る |