河原崎家の一族2

河原崎家の一族2

『河原崎家の一族2』は2002年にWIN用として、
エルフから発売されました。

現時点では蛭田さん最後の作品となったゲームでした。
ジャンル:ノベル系ADV 属性:館 ループ

河原崎家の一族2 完全版 ダウンロード販売

2とありますが初代と特につながりはありませんので、
この『河原崎家の一族2』からのプレイでも何の問題もありません。

初代河原崎家と言えば館物ブームの火付け役ともなった名作ですが、
続編たる『河原崎家の一族2』もまた館物となっています。

館を舞台に繰り広げられる陵辱・SM・アナル・スカトロ、露出…
さまざまなエロ要素がふんだんに含まれていますので、
多くの属性の人に対応できるでしょう。
逆に、新たな属性に挑戦する良いきっかけともなるかもしれませんね。

グラフィックやサウンドもレベルが高く、
アダルトゲームはこう作れというまさにお手本のようなゲームでした。

そういうわけで、基本的に良く出来ている点は認めます。
こういうゲームは初心者であるうちの方が楽しめるでしょうね。
いろんな属性への入門、足がかりとしてならば、
かなり高品質の作品だと思います。
もしプレイを検討している人がいるならば、
できるだけ早いうちのプレイをオススメします。

ただ、基本的に良く出来ているとは思いつつも、
個人的にはそれ程楽しめませんでした。
よくヒット作があると、
表面だけ模倣したような2番煎じのゲームがたくさん出てきます。
それと同じ匂いを感じたんですよね。
いろんな要素を、ただ単に一杯入れてみただけって感じがして。
何より前作で感じられた淫靡さが、
まるで伝わってきませんでした。
枝葉がどれだけ豪華であっても、
根幹たる部分がしっかりしていないのでは、
評価もしようがないってものです。

『河原崎家の一族2』では、
前作との違いとしてループ物という構造があります。
基本は分岐型のノベル系ADVなのですが、
何度もループして結末は1つってわけですね。
ループ物っていうのは結構好き嫌いが分かれると私は思うんですよね。
人によってはループ物ってだけで馬鹿みたいに高く評価もしますし。
でも逆に繰り返しを要するという構造故に飽きやすいという欠点もあり、
そこが苦手な人を生む要因にもなっているのでしょう。
私はループ物自体は好きなんですが、
どうにも飽きてしまいましたね。
この時期はループ物が流行っていて、ループ物ばかりやってましたし。
それでも何かしらの独自性があれば楽しめるのですが、
『河原崎家の一族2』では特殊なギミックもなく平凡なループ物でしたしね。
そうなると、ループ物のデメリットばかりが見えてきちゃうのです。

昔のエルフのゲームは中には中身の伴わないものもありましたが、
それでも多くのゲームに新鮮さが伴っていました。
『河原崎家の一族2』にその感覚はなく、基本は出来ているものの、
小さく手堅く無難に纏め上げたって感じがしました。
プレイ当時はライターが非公表で蛭田さんだとは知らなかったのですが、
こんなゲームしか作れないんじゃ、
やっぱり終わった人になっちゃったのかなと感じてしまいますね。

総合では佳作ってところでしょうかね。
それなりに楽しめたし元は取れたけど、
特に記憶に残るものは何もないって感じでしたからね。
まぁ、偉大な初代の後継作ということで辛くもなりましたが、
基本部分がしっかりしているのは確かですし、
致命的な欠点を減じていく減点法であれば高得点になりうる作品でしょう。
1つでも良いから何か個性的なものをと求める人には相性が悪いかもですが、
全ての面で水準以上の内容を伴った館・ループ・陵辱系を求めるならば、
結構満足できるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

河原崎家の一族2 完全版 ダウンロード販売

関連するタグ WIN /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/268-30f5269f
| ホームへ戻る |