『PERSONA ~淫虐の仮面~』

『PERSONA ~淫虐の仮面~』

『PERSONA ~淫虐の仮面~』は1996年にPC98用として、
ソルシエールから発売されました。

ソルシエールのデビュー作であり、変わった設定の作品でしたね。

persona01.jpg

<はじめに>


ソルシエールは、主に90年代後半に活動していたブランドでした。
90年代後半というと、もうWINDOWSの時代だよなと普通は思うし、
活動期間から言えばWIN95以降の方が長いのかもしれませんが、
このブランドの主だった作品は96年頃に集中していまして。

つまり、主だった作品のほとんどはPC98時代の作品なのです。
だからWINDOWS初期にもゲームを出してはいたのだけれど、
16色時代の方が持ち味が活かせていたように思うし、
代表作の「ストレンジワールドシリーズ」をはじめとして、
PC98時代のブランドという印象が強かったものです。
本作は、そんなソルシエールのデビュー作でした。

<ストーリー>


舞台は宇宙ステーションの中であり、主人公は記憶喪失。
そして38時間以内に主人公が記憶を取り戻さないと、
宇宙ステーションが爆発してしまうとのこと。
そこで3人の女医が、主人公の治療をすることになります。
厄介なことに、主人公は多重人格者でして。
条件が整うと、5つの別人格のどれかが突然現れてしまい、
彼女らを襲ってしまうのです。

大雑把な設定はそんなところでしょうか。
後述するゲームシステムとも絡んでくるのですが、
主人公にはパラメーターがあり、その数値により出てくる人格が変わります。
時間制限のある中で緊張感もありますし、
設定的には面白いと思うのですけどね。
如何せん、舞台が宇宙ステーション内部だけであり、
しかも女医らの部屋を訪れて会話するだけなので、
どうも見た目が単調と言うか、
妙に圧迫されたような狭苦しさを感じてしまいました。

それと、上記の設定は表向きであり、本当の目的は別にあるのですが、
その目的のためにここまでやるか的な疑問は少しあったりも。
まぁ、意外性というか、どんでん返しのようなものを狙ったのでしょうし、
それが良いという意見もあるでしょうけどね。

<ゲームデザイン>


本作は、一般的にはADVに分類されるようです。
実際、やることは、どの女医を訪れるかを選び、会話するだけですからね。
構造的にはADVで良いのでしょう。

しかし、本作には時間制限と、細かなパラメーターの変動が伴います。
数値により展開が変わってきますので、常に数値に気を配る必要があります。
なので、まぁ一応はADVとは言えるものの、
本質的には育成・調教SLGなどの数値管理系作品が好きな人に、
本作は向いているのでしょう。

<総合>


何とも判断の難しい作品ですね。
ストーリー・ゲームデザイン・グラフィックなどを総合すると、
他にはない独特の味わいと雰囲気がある作品でして。
その一方で、欠点と言うほどでなくとも、
いろいろと足りない部分も多かったですからね。
ある意味デビュー作らしく荒削りな部分も多いのだけれど、
光る部分もある作品であり、後のストレンジワールドシリーズへと続く、
ブランドのカラーのようなものは示せたように思いますね。

ランク:C-(佳作)

PERSONA

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2672-5ca1ed92
| ホームへ戻る |