天使のいない12月

天使のいない12月

『天使のいない12月』は2003年にWIN用として、
Leafから発売されました。

なかむらたけしさんの絵がとにかく好きで、
完全に絵買いでしたね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
天使のいない12月

キャラデザのなかむらたけしさんの絵は大好きで、
というかちょうどこの当時は一番好きな原画家でした。
また、2003年というのは、
非常に「マリみて」にはまってた年でもありました。
リーフというブランドにはもう興味を失っていたのですが、
某キャラを見て、それで私がこれを買わないわけがない。
ということで期待しつつ、当然の如く発売日買いしたものです。

さて、そんな期待値の高さに反するようではあるのですが、
実はプレイ後の印象は全く残っていなかったりします。

一応鬱ゲーと分類されているようですが、
とりあえずどのキャラも厨二病を患っていますので、
その路線が嫌いな人は楽しめない可能性が大きいし、
逆に好きなら楽しめる可能性は高くなるように思います。

私はアダルトゲームでこういうのをやられるのは好きではないので、
その時点であまり好意的に見れない面は否定できないでしょう。
でもそれにしても、もう少し掘り下げてくれよと言いたいわけでして。
自分と異なる思想であっても、それをはっきり描ききったら、
時にはこっちの考えも変わるかもしれないし、
変わらない場合には駄目だとかおかしいだろそれって具合に、
嫌いという感情であったとしても何かしら強い印象が残るものです。
しかし何か表面だけを軽くなぞっただけの中身のない浅い作品に見えてしまい、
だから記憶に全然残らなかったし鬱にもなれなかったのです。
好きでもなければ嫌いでもない、とにかく空気のような印象の薄い作品でした。

内容面だけなら、個人的には完全に駄作レベルです。
もっとも、絵は非常に綺麗でしたからね。
この点に関してはなかむらたけしさんの代表作とも呼べる出来でしょう。
なのでCG集として楽しめた分もあるので、
トータル的には凡作ってところでしょうか。

個人的にはそんなところなのですが、
この作品、当初は叩かれる方が多かった気がします。
むしろ、近年の方が評価されているように思えますね。
確かに、最近の方が萌えゲーが市場で占める比率は多いですし、
その中では本作は珍しい類のストーリーなのかもしれません。
だからなのかもしれませんが、何とも不思議な気もした作品でしたね。

ランク:D(凡作)

天使のいない12月

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/267-38d4ad47
| ホームへ戻る |