催眠学園

催眠学園

『催眠学園』は2003年にWIN用として、
BLACKRAINBOWから発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV 属性:催眠

催眠学園DVD with 催眠術

ジャンルはオーソドックスなノベル系のADV。
内容はタイトル通り、学園を舞台とした催眠術モノになります。

皆から嫌われている主人公が催眠導入機という道具を用いて、
ヒロインを陵辱していくというもので、
基本ラインは典型的な催眠術モノと言えるでしょう。

ただ、幾つかの点で他の同系統のゲームより際立っていたわけで、
本作が催眠系の代表作に名が挙がりやすいのも、
そうした理由からなのでしょう。

さて、本作の特徴は幾つかあるわけですが、
1つ目は、主人公村越のキャラがきちんと立っていること。
2つ目は、催眠術をかけた後のバリエーションが豊富なこと。
3つ目は、何と言ってもヒロインが可愛いこと。

エルフの○作シリーズにしてもそうなのですが、
皆に愛される陵辱モノって、
味のある個性的な主人公が多いんですよね。
本作も○作さんに負けないくらい癖が強いキャラで、
それで作品に集中できた面は大きかったと思います。

そして絵がツボというのは、抜きゲーでは大きいですよね。
この原画家さんのゲームの中でも、
個人的には本作がベストな気がします。

上に挙げた点だけでも並の同系統作品より楽しめるのですが、
ストーリー自体もルートによっては他の催眠系より優れていましたね。
矢野みどりルートがその最たるもので、
これにはまんまと騙されました。
ストーリー重視と呼べるほど大げさなものではないのですが、
単なる陵辱に止まらないアクセントを入れてくることは印象が良いですし、
これだけでも作品に対する印象は大分かわってきますね。

本作はバリエーションも豊富と言うことで、
いろんな属性の人にも対応しています。
例えば私は露出・羞恥物が大好きなのですが、
皆の前で脱いだり排尿したりと、
結構良いシチュエーションがありました。
メイン属性は催眠となるのでしょうが、
羞恥系が好きな人でもかなりいける作品でしょうね、これは。

そして、1番のツボは親子丼ですね。
学園のアイドルの母親が出てくるのですが、
そのまま大人にしたような見事な美人です。
そして、その親子を一緒にやっちゃうわけですね。
しかも最後は両方ボテ腹になったりしますし。

催眠をかけた状態で父親を目の前にして2人に奉仕してもらうわけで、
このシチュは催眠系だけでなく、
熟女好きかつ腹ボテ好きかつ寝取り好きな私としては、
最高のシチュでもありました。

ボリュームがあまりないので小粒な作品ではあります。
少し足りない部分もあるので良作にとどめておきますが、
催眠術物の中では非常に良質なゲームでしたし、
個々の属性的には名作と言っても過言でないでしょうね。
いろんな属性にも対応していますし、
催眠術物の入門用としてもジャンルの代表作としてもいける、
そんな作品と言えるのではないでしょうか。

ランク:B-(良作)

尚、DL版は2001年発売の『催眠術』のフルボイス版も同胞しており、
更にお得になっています。
催眠学園DVD with 催眠術

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/266-20c3c5f1
| ホームへ戻る |