SHIROBAKO 23話 感想

SHIROBAKO 23話 感想

SHIROBAKO 23話 「続・ちゃぶだい返し」 感想

ずかちゃん、逆転ホームラン。
みゃーもりと一緒に、こちらまで泣けてきますね。

shirobako2300025.jpg

<23話 感想>


ラスボス?、原作者の野亀武蔵氏登場。
shirobako2300007.jpg
なんだけど、監督との直接対話でアッサリ解決。
新キャラ登場によってぼかすのは、原作厨には叩かれそうだよなと思いつつも、
この場合の結論としてはありだと思うのですけどね。
茶沢が邪魔していただけってならば、もっと早くそこはクリアさせて、
制作側と原作の互いの主張のすり合わせに、もう少し時間を割いても良かったのでは。
メールとか伝聞でのここまでの原作者のイメージと、本人とのギャップがありすぎて、
メールまで実は改ざんしていたのではとか思ってしまうし。
乗り込む場面のギャグも何だか少し白けたかも。
編集を通さず制作と原作者が合うのはタブーなんだろうけれど、
だったら何で出版社で会うのかなと。
そこで会うのを認めたのなら、妨害するのは変だし。
喫茶店とか原作者の仕事場で話合いをしていて、
そこに勝手なことするなと茶沢乱入なら分かるのですけどね。
編集に乗り込ませたくて、こういう設定にしたのかな。
それでいて真面目に編集突撃を書いちゃうとシャレにならないので、
ギャグでぼかしたみたいな。
なんか、珍しくスッキリしない展開だったなと。
shirobako2300026.jpg

まぁとりあえずは、原作者自ら新キャラを用意することで、
この問題は無事解決。
shirobako2300010.jpg

新キャラであるキャサリンの妹ルーシーには、
遂にずかちゃんが抜擢されました。
shirobako2300016.jpg
ずかちゃんのこれまでの努力や登場させた意味、
監督が気にかけていたことの描写など各種伏線が、
ここでようやく活かされた感じですね。

だから結論としては良いのだけれど、
みゃーもりの驚く姿と視聴者をシンクロさせ、インパクトを強めたいのであれば、
居酒屋に電話をかけるシーンは不要だったのではと思ったりも。

まぁ何かちょっと演出に引っかかる部分はあったけれど、
ずかちゃんのアフレコ姿を見て号泣するみゃーもりが、
こちらの気持ちも代弁しているようでラストは良かったですね。
shirobako2300018.jpg
shirobako2300020.jpg

そして最後まで涙を見せなかったずかちゃんの強さが、
とても印象的でもありました。
shirobako2300001.jpg

EDはもう完成かと思っていたら、ミムジーとロロバージョンに。
shirobako2300023.jpg

珍しくあまり楽しめない展開があったのだけれど、
ラストでずかちゃんが報われたので、それでいっか。
りーちゃんも一文だけど採用してもらえたみたいだし。
残り1話なので、このまま上手く終わらせて欲しいですね。

SHIROBAKO 第3巻

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「アニメ」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2659-2708bf02

【SHIROBAKO】第23話『続・ちゃぶだい返し』 キャプ付感想

SHIROBAKO 第23話 「続 ちゃぶだい返し」 感想

SHIROBAKO TokyoMX(3/19)#23

SHIROBAKO 第23話

アニメまとめてプチ感想(SHIROBAKO・プリパラ・セラムン)

SHIROBAKO 第23話

| ホームへ戻る |