『サイバーイリュージョン』

『サイバーイリュージョン』

『サイバーイリュージョン』は1995年にPC98用として、
パールソフトから発売されました。

今は少なくなったけれど、当時はわりと見かけた、
仮想空間を扱ったSFものでした。

cyberil01.jpg

<概要>


本作には仮想空間の「サイバーネット」というのがあり、
これはデータ化して実体を仮想空間に送るというものでした。

主人公はサイバーネットを管理する側の人物でして、
ハッカーからの妨害に対処する国際サミットを成功させようと、
現実とヴァーチャル世界を行き来することになります。

ゲームジャンルは、
コマンド選択式とポイント&クリック式の中間っぽいですが、
感覚的にはアイコン選択式のADVが一番近いでしょうか。

<感想>


PC98時代というか、WINDOWSになっても90年代はSFものも結構多かったですが、
SFの範囲内における細かい流行とかは時代によって違っていました。
本作が発売された95年は、仮想空間であるとか、
ヴァーチャルリアリティであるとか、
何かそういう題材の作品が多かった年でした。
アダルトゲーム内だけでも何本もありましたし、
一般ゲーでも幾つもあったわけでして。
何だか昔のことなので時代背景的なことは忘れてきたのだけれど、
世間一般的にも関心が持たれていた時代だったのかな。
そういや一時期はヴァーチャルリアリティとか何度も耳にしたのに、
最近はあまり聞かないですからね。
というわけで、題材的には今のアダルトゲームからすれば珍しいのだけれど、
当時としてはSF作品の中では比較的オーソドックスな部類だったのかなと。
もっとも、何かずば抜けた名作があって、
それを真似て群がった2番煎じなら辟易するところだけれど、
世間的な関心もあり同時期に重なった結果とも言えますし、
決定的な代表作というのもまだ出ていなかったこともあり、
自分の関心も重なってネタの面でも普通に楽しめた感じですね。

問題があるとすれば、むしろゲームシステム部分なのかなと。
本作はコマンド選択式みたいにコマンドが表示され、
そのコマンドを選んだ後に画面内をクリックするタイプであり、
それで上ではアイコン選択式が一番近いと書いたわけです。

「調べる」、「どこを?」という場合には、
コマンド後に別途画面内をクリックするのも理解できるのですが、
一人しかいないキャラと会話するのにも2段階の過程を経るのは、
単純に2度手間でしかないですからね。
純粋なコマンド選択式であるか、
或いは直接画面クリックで進めるP&C式なら問題はないのだけれど、
この手のアイコン方式には必要性を感じられず、
個人的にはあまり好きではありません。

それでも90年代頭くらいまでなら珍しさも伴い許せたのですが、
本作は95年発売ですからね。
ほんの数年の間にADV事情もいろいろ変わってくるわけで、
特に90年代半ばにはMYST系ADVの台頭など、
ダイレクトなクリックで進行する作品が増えただけに、
もう少し工夫のしようもあったのかなと思ってしまいます。

<総合>


総合では佳作としておきますが、
最近は見かけなくなってきた題材だけに、
案外今でも楽しめるタイプの作品かもしれませんね。

CGも緻密で良かったですし、そのCGを囲む枠とかも迫力があって、
しかも作品にも合っていて良かったですし、
再プレイすれば評価も合がるかもしれません。
物語的には普通に楽しめただけに、
システム面で少し煩わしく感じてしまうのが勿体なかったです。

ランク:C(佳作)

サイバーイリュージョン

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2654-e883d136
| ホームへ戻る |