『コイビト遊戯』

『コイビト遊戯』

『コイビト遊戯』は2007年にWIN用として、
PIL/SLASHから発売されました。

テーマはヘンタイ。
BLゲーの中でも、かなり過激な作品でしたね。

コイビト遊戯

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・転勤となった親の反対を押し切り、
東京で一人暮らしを始めた藍川裕太。
しかし、仕送りを打ち切られ、バイト三昧の極貧生活に……。
そんなある日、大好きな兄の周平が、突然東京に転勤になったと訪ねてきた。
しかも裕太が心配なので一緒に住むという。
極貧生活から一転、3食お世話付きの優雅な生活に!
だが裕太は忘れていた。 兄がとんでもない過保護な心配性だということを。
やがて口うるさい兄の干渉に耐えきれなくなった裕太は……。
テーマは変態! ヤバスぎる奴らの熱視線が裕太を狙う!

<感想>


本作は女性向けの、いわゆる18禁BLゲームになります。

テーマは変態ということで、まず何よりHシーンが過激ですね。
女装でのHやら輪姦やら肉便器化やら獣姦やら精神崩壊やら、
噂に違わず何でも詰め込まれているって感じです。
女性向けでも、ここまでの内容の作品があるんですね。
この点において、女性向けの中では頭一つ抜けた存在なのでしょう。

とは言うものの、エロCGの過激さだけで考えるならば、
このくらいの過激さの作品は男性向けになら幾つもあると思います。
まぁあまり過激だと逆にギャグに見えかねないので、
どこまでがハードと言えるのかは難しいところもありますが、
本作くらいの内容であれば、
男性向けの激しいの以上とまでは言えないでしょう。

でも、エロさとか過激さって、CGだけが全てではないですからね。
CGを盛り上げるテキストはもちろんのこと、
その当該シーンに至るまでの流れ次第で、
一見すると同じ様なシーンでも受ける印象は全然違ってくるのです。

じゃあ男性向けの過激な作品と本作との間に違いがあるのかというと、
そこで本作の原画兼ライターである丸木文華さんの存在が効いてくるのです。

ところで、ゼロ年代以降の抜きゲーは進化したという人もいるし、
確かに音声関係は進化したようにも思うのだけれど、
個人的にはエロさを感じられる作品がむしろ減ってしまいました。
なぜかというと、優れた人材が恋愛ゲーとか非陵辱系ばかり扱うようになって、
凌辱作品でまともなストーリーやきちんとしたキャラ作りをできるライターが、
凄く減ってしまったからなんです。
抜きゲーは抜ければ良いっていう人もいるけれど、
シチュエーションに酔う私みたいなタイプだと、
Hシーンだけ、その場だけマニアックにやられても、全然魅力を感じないのですよ。
このキャラを無茶苦茶にしたいと思わせるような、
きちんとしたキャラ作りこそが大事なのです。

閑話休題。本作のライターは丸木文華さんで、
今だと『蝶の毒 華の鎖』があり、乙女ゲーユーザーなら、
知らない人もいないってくらい有名だと思います。
その丸木文華さんのシナリオがありますので、
キャラ作りや変態シーンに至るまでの過程も充実し、
肝心の場面でのインパクトが大きくなってくるわけですね。
特に、主人公にする執着する兄のヤバさとかは、お見事でした。

以上のような感想は、
プレイすれば大抵の人が似たようなことを感じるでしょう。
もっとも、個人的にはもう一点だけ言いたいことがありまして。
本作はBLゲーなので、当然男同士となるのだけれど、
主人公が見た目からして可愛いのですよ。
CGによっては、女の子みたいです。
なので、私の中では男の娘ゲーというイメージでプレイしていました。
男性向けエロゲでも男の娘ゲーはあるのですが、何か違うんですよね。
どれもこれも、女の子にナニを生やしただけみたいで。
違うんだよ、そうじゃないんだよと、いつも思ってしまいます。
アニメとかで男の娘扱いされるキャラって、
しかも自分も良いなと思えるキャラって、やっぱり基本は男なんですよ。
でも男のはずなのに、仕草によって女の子のように見えたり、
ある瞬間にふと女の子以上に可愛く見えたりと、
それでもしかしてコイツ女じゃねと疑いたくなるような、
その境界線上にあるのが良いわけでして。
やっぱりナニの生えた女の子とは違うのです。
本作の主人公は、まぁ普通には男なんだけれど、
時々妙に可愛くエロく見えるわけで、
その境界線上を行ったり来たりするような感覚が、
個人的には男の娘ゲーという観点から楽しかったです。

<総合>


何か褒めてばかりのようで、実際長所だけなら名作級なんですけどね。
ベースが学園ものということもあり、
自分が楽しく感じるまでに時間がかかったことから、
総合では良作ってところでしょうか。
まぁ評価も境界線上の作品であり、後に名作に変更するかもしれないし、
とりあえず名作に近い良作ってことですね。

ランク:B(良作)

コイビト遊戯

PIL/SLASH3800 コイビト遊戯

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2652-c9849b6d
| ホームへ戻る |