『OZMAFIA!!』

『OZMAFIA!!』

『OZMAFIA!!』は2013年にWIN用として、
Poni-Pachetから発売されました。

タイトルからも分るように、オズの魔法使いとマフィアを融合させた、
優れた世界観の作品でした。

OZMAFIA!!

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・記憶を失った少女、フーカ、
目を覚まし記憶のないまま見知らぬ町を彷徨っていた彼女は、
突然何者かに追われることに。
逃げ惑うフーカを助けてくれたのは町を支配する
マフィアの1つであるオズファミリー。
勇猛なライオン、狡猾なカカシ、朴念仁なブリキの樵、
そんな彼らに保護されることになるが――。
オズ、グリム、ウォールフガング…マフィアやギャンが争い合う物騒な街で
フーカは誰の手を取るのか、そしてその果てに選ぶ未来は…?

<感想>


本作は女性向けの、いわゆる乙女ゲームになります。
女性向けのPCゲーをプレイしていると、
童話を題材にした作品やマフィアを題材にした作品が多いです。
今の男性向けだと、あまり見かけない題材ですので、
女性向けにおける流行ないし今の特徴と言えるのでしょう。

本作は、そんな童話とマフィアという、
人気の二つの要素を掛け合わせた作品なのですが、
上手く融合させたようで、独自のファンタジーものとして、
とても面白い物に仕上がりました。

とは言え、人気路線を掛け合わせた王道系かというと、
決してそうでもないわけでして。
地雷、これは男性向けだと作品全体に対して用いられる言葉なのですが、
女性向けの場合では個別の要素で嫌われる物が含まれている場合に、
この言葉を用いるようですね。
男性向けで例えるなら、純愛ものに不意打ち寝取られを入れるみたいな。
そして本作は、そんな地雷と呼ばれるような、
人によって賛否分かれそうな要素が散りばめられているので、
どちらかというと攻めた尖った作品となるのでしょう。

まぁ、ゲーム全体ではストーリーだけを偏重しているのではなく、
ストーリー・キャラ・グラフィック・サウンドの全てが高水準に纏まり、
全体的にバランスの良い作品だと言えるでしょう。
それだけに、地雷とされる要素などが気にならない人、
マンネリより攻めた作品を好む人など、
はまる人はかなりはまれる作品でもあります。

ただ個人的には、もう一つはまりきれなかった作品でもありまして。
モチーフが無い方が高評価につながるというのは構わないとしても、
本作はアイキャッチや暗転が頻繁に入るのです。
イベント自体ブツ切れな物も多いのですが、
それだけだったら気にならなかったかもしれないのですけどね。
何かあるとすぐにアイキャッチで間をつないだり、
暗転させるものだから、そこで現実に戻されて醒めてしまうのです。
私はロードとか待たされること自体は平気なのだけれど、
CSのゲームとかで暗転しながら「now loading」って表示されるのが、
凄く嫌だったものですから。
どうもその間にクールダウンしてしまうのですよ。
それで暗転の多い本作も、気になってしまったというわけです。
まぁ、この辺は人によって感じ方も異なりますからね。
気にならない人は高評価につながりやすいだろうし、
頻度が多いだけに、案外ここの印象次第で、
作品全体への印象も決まってきやすいかもですね。

それと本作には、「三角関係システム」という目玉もあります。
これは個別ルートに入った時に、
二番目に好感度の高いキャラがライバルとして登場するというものです。
個別に入ったら他のキャラは退場とさせるというのではなく、
物語にきちんと絡ませようとする意図は良かったと思いますので、
このシステムがしっかり機能していれば、
それが名作の決定打になったのでしょう。

しかし、実際には一部のキャラの場合だけに導入されるシステムですし、
他方で一人だけを追いかけていても、強制的に二番目が用意されてしまうので、
オンリープレイをしている人には煩わしく感じてしまうおそれもあります。
発想は良かったと思うのだけれど、
少し練り込みが甘かったというところでしょうか。

<総合>


全体的に高水準の作品であり、文句なしに良作ですね。
他方で、明確な長所・特徴と言うには惜しい部分の多い作品でもあり、
また個人的に気になる点もあったことから、名作に及ばずって感じでしょうか。

本作は決して万人向けではないものの、
上記のようにはまる人ははまる作品だと思うし、
私の気になった部分が全く気にならない人、
減点法で考える人や完成度を重視する人の方が好印象になりやすいと思うし、
そうであるならばオススメできる作品ですね。

ランク:B-(良作)

OZMAFIA!!

DVDソフトOZMAFIA!!

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2013」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2635-03b75f59
| ホームへ戻る |