『ホントノキモチ』

『ホントノキモチ』

『ホントノキモチ』は2015年にWIN用として、
人生通行止めから発売されました。

初心者向けの寝取られゲーとしては良かったのかなと。

ホントノキモチ dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・元々個人的に寝取られものが好きで、特に処女ヒロインが、
ゲスでチャラい男に寝取られるというシチュエーションが好きなのですが、
あんまり見かけないので自分で作ってしまいましたシリーズ第5弾。
・ヒロインとの出会いからはじまり、少しずつ関係を深め、
やがて両思いになっていくまでをしっかり描きます。
そしてそんなヒロインがチャラ男の手によって寝取られ、
徐々に寝取り男好みに染められていく。そんな展開が好きな人向けの作品です。

・HCG枚数は23枚(差分除く) シーン回想枠は26枠。

<感想>


とりあえず、今回は番外編で。

良く言えば丁寧に描かれているし、価格の割にプレイ時間も長めだし、
ヒロインも萌えゲーにいるようなキャラなので、
寝取られ(NTR)の初心者向け・入門用としては良いのかなと。
NTRなんてとプレイもせず馬鹿にしていたりする萌えオンリーのゲーマーがやると、
結構くるかもしれません。

ただ何と言うか、お習字で先生の見本を必死に丁寧に真似た、
そんな小学生の字みたいな作品に感じたわけで。
つまりは、テンプレ寝取られゲーなんですよね。

何度も見たような展開を、ただただ丁寧に長く書いてみましたって、
自分が好きな展開通りに事が運んで安心して楽しめる作品なのだけれど、
それって水増しだのテンプレだのと揶揄される最近の萌えゲーと、
何ら変わらないよねという。
いや、安心して楽しめる萌えゲーはまだ意義も分かるけれども、
本来刺激がウリのNTRで安心して楽しめてどうするよって、
胸の奥がざわつくような不安や焦燥感こそが大事だろうにってことで、
そう考えるとテンプレ萌えゲーの方がまだマシのような。

本作に関して言うならば、サークル独自の特徴でもあった、
NTR後の劇的変化が弱くなったことで、他のNTRゲーとの違いがなくなりました。
価格が安いとはいえ、背景や演出もシステム周りも商業より貧弱ですし、
本作は実質一本道の読むだけの作品でもあります。
それでも過去作が商業作品より楽しむことができたのは、
サークル独自の魅力があったからであり、その個性が失われると、
単なる焼き直しの安かろう悪かろうの見本が出来上がるだけで。
主人公は寝取られても仕方ないようなキャラだし、
ヒロインも緩いし、NTRとしての楽しさも弱かったかな。

本作を含め最近の作品に思うのだけれど、
丁寧に描くということで、間男との初Hから完墜ちまでの描写が長くなったり、
主人公とヒロインの関係を大事にする作品は増えたようにも思うけれど、
一番抵抗があるべき最初に体を奪われる場面の理由付けが弱い作品が多いような。
何で間男に犯されたのかという、本来一番大事な部分の描写が、
どうも薄い作品ばかりなんですよね。
そのため、インパクトに欠ける作品ばかりに見えてしまうのでしょう。

<総合>


上述のように初心者向けとしては良いと思うし、
その観点からならそこそこの点数になると思います。
ただ、個人的には水増ししただけの刺激のない作品に見えたことから、
また新たに得た物は何もないことから、総合でも凡作としておきます。

なんか、NTRゲーはますます停滞ないし縮小しているような。
陵辱ゲーが規制されたことで、隠れ蓑にNTRを用いることが増え、
これまでNTRとは別個に扱っていたジャンルまで、
今ではNTRに含められ一緒の物として扱われるケースが増えてきました。
だから詳しくない人が見ると、
ジャンルが拡大または細分化したようにも見えるかもしれませんけどね。
でも、イモで例えるならば、ジャガイモ・サツマイモ・ヤマイモ・タロイモ・
キャッサバ・ナガイモとか、まぁ一杯種類があって、
味も特徴も全然違うから別の種類として売られていたのが、
サツマイモとかヤマイモとして売るのが規制されたから、
皆ジャガイモとして売られるようになったようなものでして。
だから全然細分化でもないし、
売るのが規制されたことで縮小した種類もあり、
イモ(陵辱系全般)としては拡大どころかむしろ縮小しているという。
で、本来のジャガイモ(純粋な本来のNTRゲー)は、他と混ぜるなとか、
こうあるべきだという締め付けが増えてしまったことで、
型にはまったような作品ばかりが量産されていくと。
それでいて、何でもジャガイモ(NTR)として売りに出すものだから、
中身は衰退していっているのに名前だけの認知度が上がるという、
何とも皮肉な結果になっていると。

仕方ない側面はあるとはいえ、同人でまでこういう作品が増えていくと、
好きだったNTRゲーも興味がなくなっていくよなと。
まぁ全部が本作の責任というわけではないので、
ちょっととばっちりでもあるけれど。
ここ最近のNTRものとか本作をやっていると、
なんかもうこのジャンルも終わりかなと、
安定路線ですっかり刺激もなくなってしまったし、得るものもないし、
もういっかと醒めた気になってしまうのです。

ランク:D(凡作)

ホントノキモチ dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2015」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2634-4f267b2d
| ホームへ戻る |