連続>>>レイプ

連続>>>レイプ

『連続>>>レイプ』は2007年にWIN用として、
Stellarから発売されました。

名は体を表しますが、ここまで直球なタイトルも珍しいですね。

連続>>>レイプ

タイトルから分かりますが、
というかタイトル通りなのですがヒロインが次々とレイプされます。
最大で10連続だったように思いますが、
看板に偽りなしってところでしょうね。
そういう意味では、
購入して予想と違ったゲームだったと思うことはないのでしょう。

しかもヒロインたちはとても芯が強く、中々折れません。
故に余計にも行為はエスカレートし、終盤は行為もかなり激しくなります。
こういうのは個人的には好きですね。
すぐに堕ちてしまうのでは、プレイしていて萎えてしまいますし。

でもそれでいて非現実的な人体改造や無意味なグロ方面のような、
見た目のインパクトだけに頼りきったような安易な路線には走りません。
だから地に足の着いたような、
プレイをしていての妙な安心感があるのです。

連続>>>レイプは後述するように、
主人公は他者に憑依することができます。
ここで1つ特殊な要素を用いているのであり、
これに派手で非現実な鬼畜路線を組み合わせたら、
それこそ何でもありな荒唐無稽な作品に成り下がっていたでしょう。
特殊設定は先に出し、あとはそれを前提に堅実に積み上げていく。
だからこそ、この作品には筋が通って見えるのでしょうね。
些細なことかもしれませんがこれは地味に大きいように思いますし、
ここはライターのなるみおかずさんが上手かったのでしょう。

さて、上記のように連続したレイプの他に、
連続>>>レイプには主人公が他者に憑依できるという特徴があります。
つまり、主人公がいろんな人に乗り移ることで、
次々にヒロインをレイプするわけですね。
輪姦しながら次々に視点が変わったりもするわけで、
これは中々に新鮮な感覚を味わせてくれます。

ストーリーは最後に仕掛けも用意してありますし、
ただ陵辱して終わりなのではなく、
全編に渡り普通の陵辱ゲーでは済ませないというオーラが伝わってきます。
キャラも可愛いですし、基本的には良質なゲームと言えるでしょう。

テキストの質といい、ラストを含めたストーリーといい、
ライターは陵辱系の中ではかなり力のある人なので、
このライターに関しては名前で購入を決めても大丈夫かもしれないですね。
まぁ、この『連続>>>レイプ』と『時間封鎖』あたりが代表作っぽいので、
最近は少し伸び悩んでいるのかもしれませんけど。

欲を言うなら、もう一押し何かしらのインパクトが欲しかったかなと。
随所にこだわりは見受けられるのですが、
思ったよりそれがこっちに伝わってこないのですよ。
それと、せっかく他者に憑依できるという設定があるわけですから、
ノベルよりADVが好きな者としては、
それをプレイヤーに自由にやらせて欲しかったです。
ノベルとしてみれば秀逸な方かもしれませんが、
この設定ならもっと違うシステムがありえただろうと、
どうしても思ってしまうのです。
そういうわけで非常に面白くはあったのですが、
総合的には良作止まりってところでしょうね。

ランク:B-(良作)

ダウンロード版
連続>>>レイプ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |