『プレリア (PLERIA)』

『プレリア (PLERIA)』

『プレリア (PLERIA)』は1992年にPC98用として、
オレンジハウスから発売されました。

互いに相手を想うカップルが、とても印象的な作品でした。

pleria02.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

ストーリーとしてはSFというか、
近未来の架空世界を舞台にしたファンタジーものとなるのでしょうか。

大まかなあらすじとしては、
反乱軍により王位継承の証である「プレリア」が盗まれてしまい、
王女ミリアは従兄のアリアンにプレリアの捜索を依頼します。
そこでアリアンは神官見習いで同時に彼女でもあるレナと共に、
プレリア探しの旅にでることになります。

pleria04.jpg

<グラフィック・サウンド>


オレンジハウスの作品ということで、
毎度のことながらキャラが可愛くて個人的には好きですね。
それだけでなく目パチもありますし、
本作では後述するように戦闘などでアニメーションもしますし、
演出全般を含めてグラフィックは非常に良かったです。

また、これまたオレンジハウスの特徴でもあるのですが、
MIDI音源に対応していました。
確か92年には他社でもMIDIに対応した作品を出していますので、
アダルトゲームの新作におけるMIDI音源対応に関しては、
もうオレンジハウスだけの独壇場ではなくなりました。
とは言うものの、それでも独壇場でなくなっただけであり、
まだまだ対応した作品の絶対数が少なかっただけに、
サウンドにこだわる人には貴重な作品だったと思います。
まぁ私はサウンドにあまりこだわる方ではなかったので、
MIDIの恩恵はなかったのですけどね。

<ゲームデザイン>


上記のように、ゲームジャンルはコマンド選択式ADVでした。
場面に応じてコマンドが増減するタイプであり、
同系統の作品の中でも比較的サクサク進む方でした。

読み進める感覚なのでゲーム的な楽しみは少なかったのですが、
ストレスなく進められるタイプの作品と言えるでしょう。
イメージ的にはコマンド選択式とノベルゲーの中間的な感じですね。

尚、本作にはロボットが登場し、
主人公らはそれに乗って戦うシーンが何度かあります。
この戦闘はRPGの戦闘の様な、コマンド選択タイプのバトルでした。
アニメーションもあって見た目は良かったものの、
ゲーム的には大味であり、ゲーム性の向上にはつながっていなかったです。
私は戦闘は実際にプレイヤーにやらせるべきと考える方ですので、
こういう構造自体は本来は好きな方なのですが、
本作に関しては時間稼ぎにしか感じられず楽しめなかったですね。
まぁ、物語にアクセントをつけるものと思えば、問題はないのでしょうが。

<ストーリー>


ストーリーも、プレリアを探して見つけて終わりなので、
ちょっと唐突に終わってしまったというか、
もう少し余韻に浸りたかったかなと思うわけで、
特に良いというものでもなかったのかなと

その一方で、良い意味で非常に印象的だったのが、
アリアンとレナのカップルでした。

pleria05.jpg
pleria06.jpg

本作はSF的な要素、ファンタジー的な要素、冒険もの的な要素など、
いろいろ含まれている作品ではあります。
しかし説明する言葉として一番しっくりくるのが、「愛情」なんですよね。

恋愛ゲーとか純愛ゲーとかというと、
一般的には結ばれるまでの過程が中心になりますので、
開始時からカップルである本作は、
いわゆる恋愛ゲーとは少し違うとなるのでしょう。
だから表現が難しいところでもあるのですが、
常にレナのことを想って行動するアリアンと、
常にアリアンのことを想って行動するレナ。
この互いを想い支え合う二人の姿が新鮮で微笑ましく、
ただ単純に、見ていて「良いな」って思えたわけでして。

主人公とヒロインが共に行動する作品は幾つかありましたが、
そして80年代のアニメなんかにしてもそうなんだけれど、
心の中では互いに好きあっているのに本人の前では素直になれないとか、
友達以上恋人未満の信頼し合う関係みたいな作品が多かったわけで、
これは流行というか時代の特徴みたいなものなんでしょうね。
そういう作品が多い中で、ハッキリとカップルとして描かれ、
そして相手を大事にする姿勢をしっかり描いた本作は珍しかったわけでして。
そもそも92年末の『同級生』に対して、
恋愛ゲーの「元祖」などと言い出すような輩もいるくらいですし、
それくらい恋愛ゲー自体が少ない時代だっただけに、
尚更本作の存在は稀有であり、
何よりも二人の愛情が眩しく輝いて見えたのです。

<感想・総合>


欠点もある作品なのですが、その欠点の全てを吹き飛ばすほど、
アリアンとレナのカップルに関しては印象深くもあり、
そのため主観的には好きな作品でした。
演出面も良かったですし、総合でも良作と言って良いと思います。
そして上記のように私はMIDIの恩恵はなかったのだけれど、
サウンドにこだわる人ならば、更に印象が良くなったでしょうね。

ランク:B-(良作)

プレリア

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

懐かしい(笑)
これでファンになってその次のイリウム買った記憶があります。
主人公は予知能力持ちだとか言う触れ込みだけど、実は持ってるのはヒロインで狙われたら困るから偽装してるとか言う妙な所に細かい設定があったような。

掲載CGの場面は、ラストバトルの後、人口衛星だかから星へ落下して、もし生きてたら云々で愛を語らってるところで味方の親衛隊だか警備隊に落下途中で拾ってもらえたシーンですよね。

なんとなく覚えてます。

> 妙な所に細かい設定があったような。

設定は結構細かく用意されていたように思います。
だから、きっと面白くなっていくだろうと思ったら、
ストーリーそのものはわりとアッサリ気味で、
少し拍子抜けでした。

ただ、記事内にも書いていますが、主人公とヒロインは凄く良かったです。
特にラストですね。
この作品をやって良かったなと思えたのもラストの部分が大きく、
画像を掲載するのなら、やっぱりラストだろうなということで、

> 掲載CGの場面は、ラストバトルの後、人口衛星だかから星へ落下して、もし生きてたら云々で愛を語らってるところで味方の親衛隊だか警備隊に落下途中で拾ってもらえたシーンですよね。

ご指摘通りのシーンになります。
この場面は、やっぱり良かったですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2621-a397fa41
| ホームへ戻る |