ウィザーズクライマー

ウィザーズクライマー

『ウィザーズクライマー』は2008年にWIN用として、
ソフトハウスキャラから発売されました。

ゲームジャンル:育成SLG

ウィザーズクライマー

ジャンルは基本的には育成SLGになるのでしょうが、
それにADVパートや作ったキャラの戦闘パートがありますので、
わりと中間的な立場のゲームになるかと思います。

昔は散々育成SLGをプレイしたように思いますが、
最近はほとんどゲーム自体出ていませんよね。
新作なのに何となく懐かしく思えてしまうのは、
そんな理由からなのでしょうか。


さて、肝心の中身なのですが、
ゲームとしては無難にはできています。
つまり狭義のゲーム性の部分なのですが、
この部分が手堅くまとまっているわけですね。

ただ、戦闘パートは自動で進行しますので、
ここは好みが分かれるかもしれません。
私は見てるだけの戦闘は好きではない方なので、
あまり楽しめなかったように思います。

それと、プリメで言うところの娘を自分好みに育てようといった、
システムの先の魂みたいなものが致命的に欠けていたのかなと。
何を伝えたくてこのゲームを作ったのか、
その辺りが見えてきませんでした。
ここら辺はストーリーにも問題があったのでしょうね。
ADVパートがあるはずなのに、伝わってこないんですよね。

90年代は育成SLGが盛んで、それこそ様々な進化をしました。
調教SLGなんてのも、
育成SLGとアダルトゲームを結合させた結果生まれたもので、
他にもそのゲームの伝えたいもののために、
様々な変貌を遂げていったわけです。
このゲームは無難に遊べるかもしれませんが、
そうした強いこだわりが見当たらなかったわけで、
ハッキリ言ってこの程度の育成SLGなら、
昔なら幾らでも転がっているように思うのですよ。

まぁ、そうは言っても、今は常に新作不足ですからね。
主観的には結構楽しめたことは楽しめたのかな…
でも、過去の育成SLG等と比較すると、
高い点を付けることは難しいように思うわけでして。
そういうわけで、総合では凡作ってところでしょうか。
ゲームバランス等に問題はないと思うので、
もう少しアダルトゲームであることを活かせれば、
また違った展開も見えてきたのでしょうけどね。
いつもながら、その辺が勿体無いですね。

ランク:D-(凡作)

ウィザーズクライマー

関連するタグ WIN /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |