<文房具> ストーリオ アバンウッド ペンケース

<文房具> ストーリオ アバンウッド ペンケース

「ストーリオ アバンウッド ペンケース」

幾つか種類があるのですが、「3本差し ナチュラル」を購入しました。
今は通販でも扱うようになったみたいですね。

ストーリオ アバンウッド ペンケース3本差し ナチュラル

<概要>


・革新的な曲げ木技術から生み出されたペンケ-ス。
・素材原材料:カエデ無垢材、牛本革
・生産国:日本

世界初の加工技術から生み出された曲げ木と革インナ-で、
大切な万年筆をしっかり保護。
ペンをスマ-トに取り出せるスライド機構やトレイにもなる天面の曲部など、
美しく機能的なペンケ-スです。サイズ:W160xH25xD62mm。

<感想>


上の画像は「ストーリオ アバンウッド ペンケース3本差し ナチュラル」で、
私が購入したタイプになります。

私が購入した時は、まだ通販で購入することはできなかったのですが、
今は伊東屋経由でAMAZONから購入できるようになったみたいでして。
これで誰でも買えるようになりましたね。

このペンケースはカエデの無垢材を曲木技術で加工した物で、
内装は牛革になっています。

特徴は幾つかあって、まず木の無垢材なので、凄く手触りが良いです。
ついつい手に取って握っていたくなるような感じで。
次に、一番大きい3本差しでもコンパクトで場所を取らないし、
しかも軽いです。
そして、木ですからね、何といっても頑丈です。

種類としては、サイズは1~3本挿しまであり、
色もそれぞれのサイズでナチュラルとブラックがありますので、
全部で6種類になりますね。
因みに、2本差しと3本差しは木の真ん中が少し凹んでいて、
そこにペンが乗りますので、ペントレイとして使えます。

どのサイズを買うかは目的にもよるのでしょうし、
例えば秘蔵の一本をしっかり守りたいのであれば、1本挿しも良いでしょう。
私は少しでも多く持っていきたいので、3本差しで満足ですしね。

ただ、個人の目的を抜きに考えるのなら、
客観的にこのペンケースの良さを一番発揮できているのは2本挿しなのかなと。
まず、曲木を活かしたペントレイとして使えるのは2本挿しと3本挿しだけです。
そして凹むのは真ん中だけなので、
2本挿しだと上手くペンとペンの間が凹んでいるのですが、
3本挿しだと凹んでいる部分に1本収納することになってしまいます。
従って3本挿しの場合、左右は大抵の太軸が入れられるものの、
真ん中は少し細い軸のペンでないと入らないのです。
まぁ細軸メインの人や、1本くらい細軸使うよって人ならば、
何ら問題はないのですけどね。

日本の技術と懐かしい木の温もりを融合させたペンケース。
珍しい上に、美しさと実用性も兼ね備えていますし、
ペンケースにもこだわりたいって人にもオススメのケースですね。

ストーリオ アバンウッド ペンケース1本差し 黒

ストーリオ アバンウッド ペンケース2本差し ナチュラル

関連するタグ 文房具 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2613-9f18e881
| ホームへ戻る |