俺たちに翼はない

俺たちに翼はない

『俺たちに翼はない』は2009年にWIN用として、
Navelから発売されました。

もともと西又葵さんの絵は大好きだったものですから。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

俺たちに翼はない

昔は大好きだった原画家ですが、その印象も年と共に変わってきます。
『Bless』の頃は単純にとても好きな原画さんでした。
判子絵で上手くはないかもしれないけれど、とにかく好きだったのです。
それが次第に変わってきて、
今では好きなんだけどやっぱ下手だよなと思うようになってきました。
本作も基本的には好きな絵柄なのですが、
やっぱりどれも同じように見えてくるわけで、
作品をやる度に魅力を感じなくなっています。
エフェクト等も大したことがありませんし、
グラフィック面はマイナスにもならないですが、
決してプラスにもならないって感じでした。

もっとも、そこら辺は予測済みでしたし、
これで普通の萌えゲーなら最初から手を出しません。
気になったのは、これは一般人向けではないと言われることが多いので、
そんな癖の強いゲームなら自分に合うだろうって思ったからです。

で、そのストーリー面なのですが、
端的に言えば病んだ主人公の物語となります。
ネタ的にはあまり珍しくもないですね。
このライターは以前に未完でゲームを出しており、
今回は一応完結してはいますが、比較的あっさり終わった感じでした。
終盤に盛り上げてキッチリ終われれば良いのですが、
そこら辺が毎回下手ですね。
先の読めるストーリーでラストも盛り上がらないとなると、
これはちょっと厳しいものがあります。

それと病んでるということで、
そういう方面で一般向けでないのかなと思いましたが、
どうやらそうでもないようです。
エログロと密接に結びついた猟奇的なものなら内容的に人を選ぶでしょう。
しかし、本作にそんな要素はありません。
もちろんエログロがなくても、
主人公の徹底した狂いっぷりでという方向もあるでしょう。
しかし、本作はその方面でも大したことがないわけでして。
大抵の萌えゲーにもエロゲのテンプレ的な奇人変人は出てくるものですが、
あくまでもその延長上でしかないのです。
むしろもっとぶっ飛んでる内容を期待していただけに、
ちょっと物足りませんでした。

ストーリーに関して言えば、いろんなルートを見せておいて、
それが最後に一つになるってタイプの作品になります。
この手のゲームはそれだけで高く見られがちなのですが、
個人的には少々うんざりしてきました。
ノベルゲームでやる場合、結局は全ルートを強制されるわけで、
そうなると楽しくない部分も読まされるために評価に加えざるをえません。
それでも先が気になる形で最後に導いてくれれば良いのですが、
バラバラに進行して最後で実はってやられても、
単にこじつけにしか見えないのですよ。

それでも、テキストが楽しければまだ良かったのでしょう。
しかし、基本的に起伏に乏しいテキストですので、
個々のネタを面白いと感じなければ、
ただひたすら眠くなるタイプのテキストです。
個々のネタも大して面白くないというか、
延々とギャグの品評会をやっているようで、すぐに飽きてしまうのです。
そもそも本作のような突拍子もないことをやらせて笑いを誘う、
そういう脈絡のないタイプは無駄が多く感じて楽しめないんですよね。
まぁ、そういう感覚は主観的な面に依存しますので、
それはそれで構わないとしましょう。
でも、そうした主観的な面を抜きにしても、
構造的に全部テキストでやろうとするからくどく感じるのです。
もっとゲーム全体を活かすべきだったのであり、
基本的にゲーム作りが下手なんでしょうね。
それと、やたらとDQNっぽいのが出てきますので、
楽しくなるどころか不快な気にすらなりました。
本作のキャラにはDQNと厨二が多数登場しますので、
そういうのが苦手な人には合わないかと思います。
ただ、そうでないキャラについても上記のような感想を抱いたので、
結局テキストが合うか合わないかという意味で人を選ぶのでしょうね。
でもそれは、どのノベルゲームにも内包している問題でもあるわけで、
この点で一般人向けでないとは言えないでしょうね。
っていうか、テキストレベルで人を選ぶってのは、
単純に文章として下手なんじゃないかと思うのですが…

システム周りの充実、特に既読スキップの充実は褒められますが、
それ以外には何の良い点もないゲームでした。
まぁ、よくあるラノベの延長上、
或いはテンプレ恋愛エロゲの特徴を少しだけ強調したような内容なので、
初心者を脱却したあたりという、
数的に一番多そうな層向けの作品なのでしょう。
なので、一部で人気が出そうなのは理解できますし、
私もそういう時期でかつ十代半ばでプレイしていたら、
もう少し楽しめていたかもしれません。
しかし私には、どうにもあらゆる面で中途半端な作品に見えたわけでして。
今回はテキストが合わなかったというのもありますが、
テキストが合わなくても名作としたのも結構あります。
本作は構造であるとか他の面までひっかかる点が多かったわけで、
仮にテキストが合っていても点は伸びなかったでしょう。
今回はもしかしたらと思ったのですが、とても残念な作品でした。

ランク:E(駄作)

俺たちに翼はない

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/261-1c2f175d
| ホームへ戻る |